--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-31(Thu)

夏休みのプール当番が終わった~!

 今日で、この夏休みのプール当番は終わりました!ばんざ~い!終わった~!
まだ、日番は残ってますが…!

 プール当番の後になぜか、いつも出張やお通夜に行かないといけないなど、色々用事があったので髪を濡らしたくなかったのと、プール全体を見回すにはプールの上からの方が見えやすいので、プールの中には極力入っていませんでした。

 プールの自由時間になって、去年の教え子達が寄って来て話しかけるので、「エ~何?」ってプールサイドに腰掛けた瞬間、その中の一人にプールに引き落とされました。そのとたんに、集団で水をかけられ…私は水着は着ていましたが、その上にTシャツと半パンをはいていて、おかげで服も半パンもびしょびしょ!

 「ばか~!水着だけの時にしてよね!」と叫びながら、思いっきり水をかけることで仕返し!しかし、フッと…これってあいつらの思うツボだと、あほらしくなってプールサイドに上がりました。「もう、あなた達の相手はしてられへん!」と又プールサイドに座ったら、」何人かの男の子達が同じ格好で、横に並んで座るではないですか!

 おー!Lucky!チャンスは今だ!と側にいた体重の軽い…去年クラス一、二位を争うやんちゃ坊主がいたので、抱えてプールに放り込んでやりました。

 しかし、それが失敗の元!次々に「先生、投げて!」と迫られてしまいました。しゃーない!とあきらめて、次々と抱えては投げ、抱えては投げを繰り返して、フッと見ると、去年の我がクラス一の巨体が並んでるではありませんか!

 ただでさえ、老体にムチ打ち…放り投げながら、これは明日には腰痛か?って思いながらも、危険(?)を承知でしてたけど…さすが彼の巨体を見たとたんに危険を感じ、仕方ないのでプールサイドから突き落としました。周りにだれもいないことを確認して…!

 彼らは私が初めて一年間丸々担任した子達です。それだけにすごーく思い入れがあります。4月頃にはよく教室に下校前に会いに来てくれましたが、例の「万歳先生」に「よそのクラスに入ってはいけません!」と怒られて(未だに意味わかりませんが…)からあまり来なくなりました。

 ただ、去年の修了式に男の子達と「中学生になったら、焼き肉おごること!」と「二十歳になったら、一緒に飲みに行く!」約束をさせられました。廊下で会うたびに「焼き肉と飲みに行く話、忘れんといてよ!」と念押しされます!

 自分が担任になったクラスの子はいつまでも可愛いものだと実感です222

 しかし、あの子達を放り込んだり、子どもたちの帰った後、採用試験の2次試験のために(実技試験のひとつで25m泳がないといけないので…)50m泳いで…

 もう歳なんでしょうか…(>_<)!

            今日もふらふらです!!!

 

ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
スポンサーサイト
2008-07-28(Mon)

ランドセル?…子どもの背負うもの!

 金曜日のプール当番とプール掃除のおかげで水着の跡形がくっきり!友だちに、「仕事焼け…?」って言われ、改めて私は肉体労働者だと実感しました。お風呂に入るとお湯がヒリヒリ痛み、次の日は足の裏が一番白いのにはビックリ!昨今は肌を焼くのは皮膚ガンの元…って言われるのに~!まさか、学校のプールに日焼け止めを付けるわけにもいかず…うちの校医さんは、プールの水が汚れるのを覚悟で日焼け止めを付けた方が良い!っていってらっしゃいましたが…!

 金曜日は夕方から出張でした。夏休み前に区役所の地域保健福祉担当子育て支援室から学校に電話があり、今年転校してきた、私のクラスの子どものことで来てほしい…と管理職に電話があり、行ってきました。

 区役所の会議室のドアの前には「要保護児童 個別ケース検討会議」と書かれた紙が貼ってありました。

 「え~何?私、なんにも聞かされてないし…!」とドキドキ…。っていうか、教頭先生に聞いても、「親が障害者やから、前の学校が児童相談所に知らせたらしいわ。ぼくもわからへんから、トントン先生は今の状況を伝えたらいいんちゃうか?」という無責任なお言葉だけの情報!

 我がクラスの今年の転校生M君は両親が聾者で、前の学校では一学期間で30日以上の名簿に載っていた児童です。しかし、私のクラスに来てから…夏休みまでに欠席は片手以下。確かに遅刻は多いのですが、夏休みの2週間前にはほとんど遅刻もなくなりました。

 確かに保護者と直接お話するのは難しく、いつもM君の手話通訳に頼る状態でした。お母さんとは、提出書類などがいつも戻って来ないのと欠席の時も連絡がないし、電話は出来ないしで、お互いに携帯のメールアドレスを交換し、もっぱらメールで連絡を取り合っていました。しかし、ある日の朝、「今日はMは熱があるので休みます。」とメールが来たので、すっかり信用して…その後にその日提出書類があるのに気付き、「家にいただきに行きます。」とメールすると、「え~Mは学校休んでるんですか?」とメールが返ってきて、ビックリ!実はM君本人が欠席をお母さんの携帯から送り、そんなに広くない家のクローゼットに隠れてた…ということもありました。

 そこで、1学期末の個人懇談にはプロの手話通訳の方に来ていただくことにしました。本人にそれを告げる時、「M君!いつもお母さんと話す時に手話通訳してくれてるけど、都合悪い時はごまかして、ちゃんと手話で伝えてくれてないでしょ!」って言うと、「え~先生なんでわかったん?」テヘ!って悪びれず、「よかった!付いてなくてええんや!」とホッとした感じを見て、いつも間で手話通訳を一生懸命してたのは、この子はしんどかったのかな~とは思っていました。

 ハッキリ言って、子どもの忘れ物チェックや親の出す提出書類が親の怠慢でなかなか出さない子は各クラスに何人かは必ずいます。だから、M君の場合もそんなに深く考えてなかったのです。休んだり、遅刻したら、私がM君に「明日、きちんと時間に学校に来なかったら、学活の時に『世界のなべあつ』させるから~!みんなの前で3の倍数でアホになってもらうから…!」と言うと「それだけはイヤや!明日はちゃんと来るから、許して!」とおどけて、私の前で土下座する様な子で、しかも次の日から2,3日はちゃ~んと遅れずに来るのです。

 しかし、ケース会議では…「児童虐待、ネグレクト」ということでした。M君は小さい時から、両親が夜に出かけて子どもだけで家においておかれたりしていた…とのこと。ただ、今はM君も4年生になり、まだ大きくなったのでいいのだけど(ウーン!いいわけないけど…いってもまだ4年生だし…)1才半の弟が心配だとのことでした。夜にお父さんとお母さんがボーリングが好きで、よく出かけると本人からは聞いてはいたのですが、その時点で気付くべきでした。

 結果としては、その日出席された区役所の子育て支援課の担当者、保健師さん、児童相談所のCWさん、保育所の園長さん、そして担任の私で連携して「見守り」という結果になりました。

 2年弱の先生経験で、色んな子どもたちを見過ぎました。
去年も私のクラスで虐待で、一晩殴られていた女の子がいました。以前の担任の先生も気付いていたようですが、本人は「自転車で転んだ!」とか「道で転けただけ!」とか言って、確実な証拠がなかったので、それ以上踏み込めなかったのですが…それも夏休みに入る終業式の日に顔をパンパンに腫らして学校に来たので、聞いてもやはり「自転車で転んだ!」と言っていたのが、放課後泣きながら、「実は、いつもお母さんに殴られてた…」と、しかもお母さんに担任の先生に言って来い…と言われて、言いに来た…とのことで、エ~!と大騒ぎになりました。私は本人の望むように動いてあげるから…と言うと、一緒に家に来てお母さんと話してほしい…とのことで、家へ行ってお母さんと話をしました。お母さんから、家の事情やこれからのことを長い時間をかけて話し、一応今のところ落ち着いているようです。

 今回の終業式の前日の「たんこぶ事件」も、元と言えばたんこぶを作った子にも否はあったにも関わらず(その時にその子に蹴られて、青たん出来た子もいたのに…)本人は父子家庭でおばあちゃんに育ててもらっている彼は、良い子でなければならないためにホントのことが言えず、結果的に事を大きくしたり…クラス一のゴン太(ガキ大将)はお母さんと二人暮らしで、そのお母さんとの確執で、その鬱憤をクラスに持ち込んだり…少し勉強が出来るからとの親の期待が大きすぎて、その期待を持ちこたえられない子etc…そんな子どもが増えてきた気がします。(片親が原因だと言っている訳ではありません。シングルで育てている方で母親、父親の両方の役をちゃんとこなしていて、しっかりと育っている子どもはたくさんいます…誤解なきよう!)

 
うちの唯一家に残っている三男は、楽しい浪人生活を…夜遅く帰って来る彼のために晩御飯の用意をしている私の横でずーと しゃべってきます。「ちょっと、うるさい!」と言うと、「しゃべることがのど元まで満杯溜まってて、我慢出来ない!」と延々しゃべり続けるバカ息子の姿を 見ていると「君はすごーくしあわせなのよ!」と言いたくなります。自分がしあわせであることを自覚してほしい!!!しかし、本来苦しい浪人生活を、こんな に楽しそうに話せる姿が本来の子どもの姿なのかな~?…と親の立場から、先生の立場からの両方でとても複雑な気持ちです。

 子どもたちは、毎朝、ランドセルの中に教科書の勉強道具だけでなく、色んな言葉に出来ないたくさんの問題を一杯詰め込んで学校へやって来るのかもしれません。そんな子が忘れ物をしやすいのは、そんな事情が一杯過ぎて、それ以上、ランドセルの中に入り切らないのかも…?そして、私はどこまで、その重~いランドセルを軽くしてあげられるのでしょうか?????


ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-07-25(Fri)

小学校の先生のお仕事 part3

 以前に小学校の先生のお仕事として、野良猫のおしっこした砂場の消毒のことはお知らせしました。前もそのお仕事してる時にH先生が「こんな仕事もしてる!って誰かブログしてたら、書いて!」って叫んだそのままをお伝えしました。今回も今日、そのH先生が又々叫びました!

 今日は朝からプール当番で学校へ行きました。9:00~9:50までが、4,5,6年生。10:00~10:50までが、1,2,3年生。ただし、昨日、今日に限っては、5,6年生が臨海なので、9:00からは4年生だけでした。Lucky!って思ったのは最初だけでした(-_-;)!


 日頃のプールの授業も同じですが、朝一に機会室に行ってプールをきれいにするために濾過器を動かします。夏休みはプール当番の先生は一日に4人!みんなで、生徒を迎えるべく仕事を分担(あうんの呼吸で…)!プールの入り口の鍵を開け、ビーチサンダルをそこで脱いで、プールへの階段を上がろうとしたとたん!「アッチチチチ!」足の裏がやけどしたんではないかと思うくらいの熱さ!下はコンクリートだから、なおさら!私は飛び上がりながら、なんとか機械室へたどり着きました。外でも先生全員が「アチィー!」と叫ぶ声が…!

 コンクリートがあまりにも熱くて、子ども達がこの上を歩くのはかわいそうだと思って…

「先生!この上にホースで水をまいておきましょうか?」と言うと、

「だめ~!水がお湯になるから!」と言うお言葉!

 実際に自分が立ってられない所に水をまきながら歩くと、その端からナント!又「アチィ~!」と…ホントに熱湯になっていくではありませんか!とりあえず、子ども達が入って来る直前に水をかけ続けました。

 2時間、水につかり続けるとクタクタ!プールに入らなくても、体が太陽でじりじり焼けていくのを感じます!

 やっと、プールも終わり…アーやっと終わったって思ったのも、終わりでした(?)!←ナント!ややこしい。

 「さぁ~今日は金曜日だから、プール掃除しなきゃ~!」

 エ~!今から~?

 それから一旦又濾過器を止め、マンホールを開けて金属棒を突っ込んで水栓をグルグルと回して、プールの水を抜きます。おかげで、私は筋肉痛!水が少し残る程度にならないとプール掃除が出来ないので、一時、職員室で待機!

 オー!涼しい!クーラーの入った職員室が天国~!!!!!

 待つこと、30分!完全に水が抜けてしまうと。プールの底が痛むので、膝下くらいでモップを持って、プールサイドからゴシゴシ!そして、プールの水がくるぶし位になったら、プールの中にホースで水をかけながら、ゴシゴシ!25mプール、それを4人でします。水のないプールにプールサイドから入るのが、なぜか苦手です。水があれば抵抗なく入れるのに、水がないので…ドグサイ私は降りたとたんに、なぜか前のめりになるんです。なんか水がある時と同じ感覚で降りるから、なんか変!!!ゴシゴシ掃除が終わったら、又マンホールの水栓を開いて水を入れます。水を入れたまま、週末を越します。水を溢れさせて、きれいな水を保つためです。

 もう太陽で焼かれる目玉焼きの気分です!

 全てが終わること、又も30分!職員室に着いたときにはクタクタ!着がえてからお茶をがぶがぶ飲んで、自分の机で一休み!お昼の1時過ぎで、お腹はすくんだけど…動けな~い(>_<)!!!!!みんな、ダレ~と少しの間しゃべる気にもならない~!肩や背中がヒリヒリヒリ!!!

 やっと、先生のひとりが「御飯行きましょう!」の一声で、みんな一斉に立ち上がり、職員御用達のお店へ向かいました。

 食べながら、例のH先生曰く、

 「世の中の人達は濾過器を動かしたり、プールの掃除なんかは業者がしてると思ってるみたいなのよ!(例のお言葉!→)誰かブログしてたら、書いて~!」

 H先生!又先生の代わりに、私が世間の皆さんにお知らせしました~!!!

 
もう、私!金曜日のプール当番はイヤで~す!!!!!


ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-07-23(Wed)

自分へのご褒美

 今日は学校はお休みを取っていました。家にいれるのは久々です。

 通知表をつけて、個人懇談をして、おまけに終業式の前日クラスの子どもがけんかをして、頭を打ってたんこぶができて…我が子なら冷やして終わりって程度だったのですが、それもたんこぶが出来た子も悪いわけではないのに…保護者がその日の夜8時頃に来られて(
教頭先生は「後はうまくやってな!」って逃げるし…)、その対応で…帰ったのが夜9時半過ぎ!そして次の日も、その現場検証で(私は刑事か(>_<)!)結局、又帰りが遅くなりました。一応、保護者が納得してれて一件落着!そして、次の日は採用試験と…。

 そんなこんなで、休みって思ったとたんに疲れがドーと溢れ出てきました。ジーと家にいたら、延々と寝てしまいそうなので、梅田(大阪)に車を飛ばしてでかけました。
 
 私は日頃はいつもジーンズ愛用者です。(学校では、ジャージのトレーニングパンツにTシャツですが…。)気に入ったお店があって、暑くなったので…一応ほしかったハーフパンツを取り置きしてもらったので、取りに行きました。ほしかったジーンズをGETして、ウキウキ!採用試験でウジウジ考えてたことなど、吹っ飛んでしまいました。←単純な私!

 ダンナの帰って来る時間までにはだいぶ時間があったので、忙しかった自分へのご褒美のつもりで、リフレクソロジー(足つぼマッサージ)に行きました。
 私はメチャクチャ肩こり症で、しょっちゅうマッサージに行くのですが、忙しくなってからは、行く暇がなくて…。今日行った梅田の
リフレクソロジーは値段がお高いので、たまにしか行けないお店ですが、エーイ!今日は特別だい!とそれも、1時間半の長いコースを選びました。

 アロマの匂いの中で、あまりにも気持ちよくて…1時間半、ぐっすりと眠ってしまいました。体は軽くなり、その上「セレブ」気分になりました(今度はいつ行けるかわかりませんが…)。

 ウ~ン!  テンション上がってきた~!!!

      復活!!!!
2008-07-22(Tue)

三つの「気」

 採用試験が終わってから、落ち込むだけ落ち込んだら…急に大学時代の友だちのことを思い出しました。

 その友だちは、私にとっては大学時代に一番長く共にし、最も尊敬する親友です。東京の大学だったので、初めて親元から離れてた私にはホントに頼りになる友人でした。

 最初に出会ったのは、クラブです。恥ずかしながら、「演劇部」に一年間ハマってました。なんとなく誘われるまま、何も知らずにいた私に「Jean Giraudoux(ジャン・ジロドゥ)」「Jean Anouilh(ジャン・アヌイ)」「Thomas Lanier Williams(テネシー・ウィリアムズ)」の戯曲を教えてくれたのも彼女です。

 なんせ博学で、才女の彼女はアナウンサーを目指して、その勉強のために一年でクラブはやめました。…と同時に私も「演劇」の世界の大変さに疲れて、一緒にやめてしまいました。ちなみにどれだけ才女かって言うと…アナウンサー志望の彼女は親に反対されて、就職するなら某「○○商事」(彼女の一族が大蔵省…現財務省か、その○○商事の人ばかりだったからです。)にしなさい!と言われ、NHKの入社試験をあきらめ受けました。私たちの頃は4年生大学は、女はすぐに結婚すると言われ、高卒が「金の卵」と言われた時代で、女性はコネでもなけりゃあ就職出来ない時代でした。それがコネを使うと、絶対にそこに就職しなければならないと、コネなしで「○○商事」の入社試験の筆記試験で、男女合わせてトップの成績を取り、
「○○商事」から是非に!と言われたのを蹴って、東京の某ラジオ局に望み通りにアナウンサーとして就職しました。

 ところで、演劇がなぜ大変だったかって言うと…公演で「オンディーヌ」をしたのですが、演出を卒業生のプロ(その頃はADしてらしたのですが…今では有名な女性演出家になってられます。)の人で、学生演劇の枠を超える程の色んな事を要求され、なんだか毎日が学生生活より演劇漬けで…まるで、身体の中の魂を吸い取られるようなしんどさを感じていました。当然、私は悩みまくり、愚痴りまくりの日々でした。そして、いつもフォローしてくれたのが彼女でした。

 前置きがメチャクチャ長くなりましたが…

 ちょっとした事でグチグチ、ウジウジ悩む私に彼女の言った言葉です。「人には3種類の「気」を持っているのよ!『気が強い、弱い』『気が強い、弱い』『気が太い、細い』の3種類!あなたは『気が強くて、気が大きい』けど『気が細い』のよ!だから、どっしり構えてそうに見えるのに、そんなに色んなことに悩むのよ!」って!その時もなんとなく納得しましたが、採用試験の後、色んなことを色々考える自分を振り返って、なんだか今すごく、その時の言葉を思い出して今更ながら…「ウーン!納得!!!」って感じです。

 なんかわかんないけど、急に採用試験で失敗!
失敗!って考えてたのが、フッとバカバカしくなってきました。その単純さは気が強くて、気が大きい証拠でしょうか!何年たっても性格って変わらないものだなぁ~!と思い知らされる思い出でした(苦笑)

 余談ですが…演劇部をやめた後、他の大学の知り合いに誘われて(誘われてばかりで、自分の意志はないんかい!って感じですが…)バンドを組んで、今度は又一年間音楽三昧!その頃、「青学にすごいヤツがいて、そのバンド普通じゃない!」という噂が流れました。そのすごいヤツとバンドが今の「桑田 圭祐」と「サザンオールスターズ」のことでした。

 それともうひとつ、大学近くの喫茶店でいつも入り浸っていた、多分俳優さんらしき人に
「オンディーヌ」の公演チケットを買ってください!ってお願いしたら、買ってくださって…それが後で分かったのですが、その頃はあまり売れてない、結婚前の「奥田 瑛二」さんでした。「サザン」に「奥田 瑛二」のデビュー前ってだけで時代が分かりそうですが…(笑)!今から30年程前の話です。

 ホント!あの頃は楽しかったなぁ~!

 ちなみに「三つの気」私の話をしてくれた親友の彼女は東京在住で、結婚を機にアナウンサーをやめ専業主婦をしてましたが、今は子どもも大きくなり、日本語教師として大活躍しています。バリバリ仕事している彼女が目に浮かびます。

 なんだか懐かしくなってきて、急に彼女に会いたくなってきました。久々に東京に会いに行こうかなぁ~!
2008-07-20(Sun)

教員採用試験…終わった!

 大阪市の教員採用試験の一次試験が昨日終わりました。

 「終わった!」っていうのは…試験が終了したって意味と、今回の一次試験だけで、その先がない464って意味の掛詞です!

 午前中の論文テストは指導案を書くテストでした。今年は理科でした。内容を見たとたん、4年生の内容だったので、「やったー!Lucky!これは運命だわ!」なんてウキウキ、ワクワク!2年連続4年生の担任の私は、心の中で飛び上がって喜びました。←ただ、終わってからはもっと書くべきことに気づきましたが…マァマァそこそこって感じでした。

 ところが、問題はお昼からの集団面接のことです。ここから、私の悲劇が始まりました。

 なぜか受験番号は早いのに、呼ばれたのは一番最後のグループの一番!
エ~!待たされただけでも疲れてるのに、一番って…一番最初に何でも答えなきゃなんないの~?ってそこから、テンション下がりっぱなし!

 最初の質問「名前と自己紹介をしてください。はい、最初の方!」

 やっぱり、私から~(>_<)!

 「トントンと申します。私は50才過ぎてから講師を始めました!」

 って言ったとたん、試験官おふたりが慌てて受験票についている経歴にパッと手が伸びました。

 
エ~なんかいけないの~?他の人には、穏やかな顔で聞いているのに~!

 「今回の採用試験のためにどんな勉強をしてこられましたか?」

 他の人「過去問は全部してきました。」
      「学校にある紀要をたくさん読んで勉強してきました。」
 
 私
「すみません!年齢緩和で、私が試験を受けることが分かったのが、4月1日に初めて知ったので、特別な勉強はしてい ません。ただ、指導案を書く練習は、日頃学校で自分のクラスで授業をする際に書く練習をして、本番はその応用だと思い、日頃の指導案を丁寧 に立てていました。」

 正直に言いすぎて、試験官は少しあきれ気味!

 「今日の朝も又ニュースでも報道されていましたが、そのことについてどう思われますか?今度は最後の方からどうぞ!」

 ニュースってなんだ~?今日は朝早くから来るので精一杯で、ニュースなんて見てないし…大分の話かぁ~?マァ~今度は最後だから、前の人の話聞いておこうっと!

 他の人「教師は子どもたちの見本にならないといけないのに、色んな不祥事を起こしてはよくないと思います。」…etc.

  
誰も具体的なことは言わない!エ~どうするべ~?

 私「失礼な言い方かもしれませんが、先生をずーと続けてこられた方はその先生の世界の常識が全てになってしまうので、自分を売り込むわけではありません が、教師以外の人を教師にすることで…色んな考えが入ることも必要で はないでしょうか?」

 またもや、試験官がエーって感じの顔!又々いらないこと言ってしまったみたい!
(友だちに言わせると、教育委員会の一番痛いとこを突っ込んじゃったじゃない?って言われましたが…)

 「もし、2年生の子が遊んで!って来たら、あなたならどんな遊びをしてあげます  か?」

 他の人「フルーツバスケットをして遊んであげます。」
      「本の読み聞かせをしてあげます。」…etc.

 私「なにをして遊びたいか聞いて、その遊びをしてあげます。」

ハァ~って雰囲気!

 「どんな時に、『先生大好き!』と子どもに言ってもらえると思いますか?」

 他の人「出来ないことがあったら、放課後を使ってもトコトン付き合ってあげた時です。」…etc.

 私「子どもに真剣に真っ正面から見てあげることで、『先生大好き!』という言葉は自ずと付いてくるものではないでしょうか?」

 だんだん、なげやり状態!

 「最後に自己アピールをしてください!」

 他の人「私は○○なことが出来るので、それを子どもたちに教えてあげることが出来ます!」
     
 皆さん、○○なことがメチャクチャ立派な内容で、私はすでに冷めまくり!もう、なにがなんだか分からなくなってました。

 私「私は児童相談所でお母さん達のカウンセリングの経験があるので、保護者   に対する対応には自信があります!」

 …というような内容を言った気がします。もう気持ちがその場から飛んでしまい、実際には何言ったかも覚えていません。そんな状態なんで、多分暗~くなってたと思います。

 私って、なんで周りが熱くなると反対に冷めてしまうのでしょうか?自分でも、そこがいけないって分かってたのに…(-_-;)!あがるどころか、冷めるなんて…!

 あ~私の熱い(暑いでなく…)夏は終わりました!!!!!

 疲れました!!!!!

 

 

 

 


2008-07-15(Tue)

近況報告!

 ご無沙汰しています466!皆さん、お元気ですか?私は元気です!って言いたいのですが…毎日の一日の終わりには、「あー!一週間分働いたかな?」って錯覚しそうな毎日です。

 今週の月曜日には、通知表の提出。そのために、土曜日と日曜日はほとんど寝てません。通知表の中に「所見」という欄があって、子どもの日頃の様子を書くのですが、どうしても書けない子がいて…机の前で悩みに悩んで、ホント困りました。優等生で、成績がいいとか、問題児だとか…いい意味でも、悪い意味でも特徴のある子は書きやすいのですが…。

 今は昔と違って、悪いことは書けないんです。成績表って、一生残るので、悪いことは書いちゃあいけない…とのことです。

 一番困るのが、特徴のない子です!ゴン太な子は元気があって…とか書けるんですが、クラスにひとりは必ず特徴のない子が…(>_<)!

 結局、二日間!徹夜状態でした…(/_;)!

 そして、月曜日から三日間!個人懇談があって…。公立では教室の中はクーラーがないので、室温35度前後です。汗だくで、一日にTシャツを3枚以上は着替えないと、ビショビショです。塩吹き状態です。月曜に持っていった2リットルボトルのお茶が今日はもう残り少なくなっていました。

 おかげで、二日で体重が1,5kgは減りました。個人懇談がちょっとしたダイエットになりました(笑)!

 個人懇談をしていると、今日も放映している「モンスターペアレント」を見ていて…ウーン!人ごとではないかも…(苦笑)!

 あんな、こんな、そんなで…只今、大忙しです!


 
2008-07-06(Sun)

席換え

 先週も万歳先生の「マンセーパワー」炸裂でした。もう、自分のクラスも私のクラスも…4年生だけでなく、プールに一緒に入る3年生も理由も聞かずにマンセーパワーで怒りまくりです。

 プールの時は、女の子は万歳先生のクラスで、男の子は私のクラスで水着に着替えるのですが、ある日、うちのクラスでゴーグルの落とし物がありました。私が自分のクラスで。「ゴーグル落とした子はいない?」って聞いても、みんな違うと言うので…万歳先生のクラスに持って行きました。

「うちのクラスでゴーグルの落とし物があったのですが、うちの子達ではないみたいなので、先生のクラスでも聞いていただけますか?」

と言ってお渡ししました。すると、その後…

「うちのクラスでは誰も落としていません!」

となぜか、うちは完璧ですから…とでも言いたい風にきっぱりと言われました。なんと言っても、私が指導するクラスですから、又自分のだと気付かずにいるヤツ(言葉が悪くてすみませんm(_ _)m!)がいるんだろうと、次のプールの日になければ、名乗り出るだろう…と思いそのまま、うちで預かっていました(どうも、私はのんびりし過ぎで…)。

 ところが次の日、うちのクラスの子のひとりが

「先生!ここんとこにF君の名前が書いてあるよ!」

というではありませんか。半分消えかかっていて、見えにくい所だったので気づきませんでした。名前を見ると、万歳先生のクラスの子のものです。次のプールで困ると思い、給食の準備前だったのですが、直ぐに隣のクラスに持って行きました。

「このゴーグル、ここんとこにF君の名前が書いてあるので渡しておいていただけますか?」

と言ったとたん、給食当番で廊下に並んでいたF君に向かって

「これは、あなたのものなの!」

と切れかけたのを見て、ヤバイ!って思いながら…うちも給食を取りに行かなければならないので、あわてて自分のクラスの給食当番を廊下に並ばせ、給食を取りに行きました。

 給食を教室に持って帰ってくると。なんとF君、今にもひきつけるんじゃあないかってくらいにヒック!ヒック!…いつものパターンで、隣りのクラスの先生にも謝ってらっしゃい!と言われたんでしょう。そんなに怒るほどのことでしょうか?それに、すでに泣くほど自分のクラスで怒られてるんだから、もういいじゃあない…って私は思うのですが(だから、私は甘いと言われるのですが…)。でもF君は私に謝らないと、万歳先生には許してもらえないんですから…でも、ヒックヒックでしゃべれません。

「F君、落ち着いて!今度から落とし物は気をつけようね!先生はF君の気持ち分かったから、万歳先生にはちゃんと謝ってきましたって言っておきなさいね!」

と言って帰しました。その次も万歳先生のクラスの男の子の落とし物があったのですが、名前が書いてあったので、うちのクラスの子にこっそりと、落とした子に届けさせました。

 うちのクラスは元気がいいのは良いですが、うるさいのでよく万歳先生に怒られます。ただ、うちの子達は強いのか…どんなに怒られても、なぜか泣きません。ただ、なんとかうるさいのを直さなくては…と考えていました。

 先週の金曜日にみんなが待ちに待った、席替えをしました。うちは男子と女子を隣り同士にします。男子同士で並ばせるとしゃべって、授業がやりにくいのです。万歳先生のクラスは一切しゃべらないのに…(-_-;)!

 席替えは日直を前から2人ずつして、それが一回りしたらします。私が決めるのですが、今までは文句も言わなかったのに(去年も万歳先生が持ってらしたので、それが当たり前に思ってたのが、どうも私は嘗められてるみたいで…)最近は文句を言う子が出てきました。要は、男子は男子と、女子は女子と並びたいのが本音のようですが、それは問屋がおろしません!案の定、私の決めた席順に文句が出ました。「エ~!」のブーイング!

「あなた達ね!どうして仲の良い子と並びたいかって言ったら、しゃべりたいからでしょ!大体、考えが甘い!」

と一喝!ところが、敵もまけてはいません!今度は泣き落とし!

「先生!絶対にしゃべらないから~!」

「甘い!」 一喝!

「ねぇ~、毎日、先生の肩揉んであげるから~お願いします!」

「ダ~メ~!」

「お願い~!何でも言うこと聞くから~!」

ちょっと待てよ!もしかしたら、いい機会かもと、ひとつのアイデアが浮かびました。

「じゃあ~こうしない?前に漢字のテストが連続100点だったら、『給食おかわり優先券』発行するって言ってたでしょ!それを『座席交代券』にしようか?」

「エ~!だって、私は(ボクは)連続なんて無理~!」(確かに、満点取れる子は限られてる)

「それでは、先生が『すごーい!』って褒めることしたら、1ポイント!その代わりに、先生がいないからってうるさかったり、忘れ物したら、マイナス1ポイント!それで、5ポイントで、給食おかわり優先権か座席交代権かどちらか選べるようにするのはどうかな~?授業中しゃべったり、忘れ物はマイナス5ポイントくらいかな?それから、遅刻もマイナス5ポイント!」


遅刻常習犯はあせってはましたが、最後には「がんばるぞ~!」と一言!

みんな、それぞれに出来ることを「よっしゃ~、がんばるぞ~!」とワイワイ!

「おーい!うるさい!今のもポイント、マイナスになるぞ~!」

と叫んだとたんに…シーン!

おー!結構効くな~!

 帰る用意をしながら、その話題持ちきりで、「先生、お笑いの芸を練習してくるから、上手くできたらポイントくれる?」とか「先生の肩揉みしたら、何ポイント?」とか訳の分からないことを、まぁ~次から次へと言ってくれました(^_^;)!

君たち、当たり前のことを遊びと勘違いしてないかい?

 そして、帰る時にはみんな「先生!月曜日からがんばるわ~!」と元気よく帰って行きました。

 ところが生徒が帰ったとたんに、給食のエプロン2袋、プールバック2袋の忘れ物!ホントに、ヤツらは分かっているんでしょうか…?

 学級経営にこんな方法が適切かどうかは私も迷ってはいます。行動療法の「ごほうびの法則」…少し意味は私が勝手にアレンジして、本来の意味からはちょっとばかしズレてはいますが…とりあえず、忘れ物をする子、授業中に騒いだり(国、算、理、社の時はおとなしいんですが…)、遅刻する子が少しでも減ってくれればと思っています。

それと、万歳先生に怒られる子が減ってくれることを願っています!!!!!

 さて、月曜日どうなることでしょうか…(^_-)!

 

 
2008-07-05(Sat)

夫婦

 毎週土曜日には、病院に入院している父のところへ行っています。今日も行って来ました。

 先週までは父の調子があまりよくありませんでした。持病の糖尿病のせいで…。リハビリの病院の空きがでたのですが…熱が出て、食事も全然取れない状態でしたので、見送りました。


 今日は、母が久しぶりに美容院に行きたい!というので、先にひとりで行っていました。いつもなら目をつぶって、寝てばかりいるのに…しっかりと起きていました。受け答えもしっかりしていて、
とても調子が良さそうで…ホッと一安心!

「今日は元気そうね!」

「うん!先週は、ホントにしんどかった!」

「大変だったね!でも、これで御飯が食べれるようになったら、もっと元気になるよ!今日はお母さん、美容院に行ってるから…私が御飯食べさせてあげるからね!」

「そうか~ありがとう!」

 なんだか、「ありがとう」の言葉がもうひとつ気合い(?)が入っていません。おかしいな~って思いながら、色んな話をしていたら…私が行ってから約15分遅れて、母が到着!

「おとうさん、ごめんね!遅くなりそうだったから、トントンに先に来てもらったのよ~!元気そうね!トントンも来てくれて、よかったわね~!」

と、ニコニコしながら言うと…

「うん!ボクはそうやって、あなたがニコニコしてくれてるのが、一番うれしい~!」

「やぁ~ね~!なに言ってんの~!」

と、笑い飛ばしたとたんに、父が大きな口をあけて…

「ボクが真面目に言ってるのに~、そんなこと言わなくても!」

と、子どもの様に泣き出しました。一緒に、母を送って来た兄と私は

「もう、お母さんは…いらんこと言い過ぎ~!」

って叫んでました。母も、

「ごめん、ごめん!そうよね、真面目に言ってくれてるのにね~!」

と、笑いながら自分の否を認めてました。

 日頃、結構お互いの悪口を、子どもの私に言ったりしてたのに…そんなことを言う父を初めてみました。

そして、思いました。夫婦っていいな~って!

 父と母はとっくに金婚式は過ぎた夫婦で、私達夫婦は銀婚式を迎えたところです。うちはしょっちゅうけんかしていて、〈特に〉メチャクチャ腹立つダンナです…何度、子ども連れて夜逃げしようかと思ったことか(笑)!但し、子どもが大きくなりすぎて、今なら付いて来てくれそうにありませんが…。父と母くらいの年になったときに、そんな台詞を言い合えるようになるでしょうか?

そんな夫婦になりたいな~って、初めて思いました。



プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。