--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-31(Sun)

勉強計画 part1 大学院入試について…調べてみました。

 恥ずかしながら…大学院について調べてみました。他にも、いっぱい勉強しなければいけないこともあるのですが…。

  臨床心理士の資格をとるには、「臨床心理士第一種指定大学院」でないと、資格がすぐには取れないので、大学が限定されてくるんです。

 そして、働きながらなら行くには…と、通信制大学院を探したら、あったんです。日本の中で、通信制で、臨床心理士第一種指定大学院のところが…唯一1校だけ!!!

 その大学は京都にある「佛教大学」です。ここは通信制では結構有名で、私が知っている昼間は働きながら、社会福祉士を取った人がここの大学の通信制で取った人を何人か知っているので、調べてみました。

 願書を取り寄せてみると…ふつうの大学だと、その大学まで行かないと過去問の入手は無理なのですが、さすがは通信制!FAXで依頼すると、無料で3年分の過去問が送られてきました。

 送られてきた書類の中に、去年までの志願者数と合格者数を見てビックリ!社会福祉学研究科と教育学研究科と臨床心理学研究科以外は、1次(専門科目)、2次(面接)なのですが…最初の志願者数のほとんど全員が…合格しているのですが、な、な、なんと!社会福祉研究科で、合格率4倍~7倍、教育研究科も同じく、4倍~7倍、私の行きたい臨床心理学研究科は14倍~17倍!これにはビックリ!!!そりゃ~通信制唯一の臨床心理士第一種指定大学院だからでしょうか…?

 しかも、臨床心理学研究科以外の専門科目試験は英語はないのですが、臨床心理学研究科では専門科目試験は全てといっていいほど、ほとんどが英語です。英文を読んで、その内容について小論文形式で書いたり、専門用語を英語を日本語に、日本語を英語に直して、その用語についての意味、内容を書くのがほとんどです。

 …ということは、メインが英語!それも、専門用語を覚えて意味を詳しく書けなければ…!

 過去問に引用されている本は

 
Therapeutic Metaphors for Children and the Child WithinTherapeutic Metaphors for Children and the Child Within
(2001/02)
Joyce C. MillsRichard J., Ph.D. Crowley

商品詳細を見る


 早速、注文しましたが…洋書ということで、2~3週間はかかるそうです。しかも、訳本は出ていないそうです。

 まずは、少しずつでも専門用語を覚えていくつもりです。そして、専門用語を覚えながら、専門書を読む訓練をするつもり!そして、そして小論文を書くためにはたくさんの本を読まなければ…!やらなければいけないことが山盛りです。

 ありがたいことに、私のブログに訪問してくださる方々には英語が堪能な方、英語を勉強してらっしゃる方が多いのですが…みなさん!どのように単語を覚えられているのか、英文読めるようになる秘策…実際どのようにしてらっしゃるのかを具体的にお教えいただけないでしょうかなにとぞよろしく、よろしくお願い申し上げます

 ちょっと、欲張り過ぎな気もしますが…?他にも、勉強しなければならないことを抱えながら、「有言不実行」にならないように努力するつもりではいますが…さて!何歳までかかるのでしょうか…?


ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ 
スポンサーサイト
2008-08-29(Fri)

おバカがひとり! おバカが一ぴき!

1学期の終業式の前には、クラスの子が頭を打つという事件があったために…終業式前日と、当日はその子の対応や学級指導で精一杯でした。そのため、クラスの掃除と油引きは夏休みに入ってからする予定にしていました。

 夏休み入ってすぐにクラスの掃除と油引きをするために、教室の掃除やプリントの生理をしていると…なんと
プリントを置く棚のかごの一番上に、夏休みの宿題が1冊おいてあるではありませんかヒェー誰だ~確かに終業式の前後の騒動で、私が見落としていたのは確かなようです。表紙のイラストには、ちゃんと色を塗っているので…私のストックの宿題ではないことは確かです。しかし、一体誰だ~

 忘れそうな子は分かっているけど、その中の誰かだという確信はないし…みんなに電話するわけにはいかないし…しかし、夏休みの宿題だから…なければ電話がかかってくるだろう!とくらいに考えていました。

 しかし~何回か夏休みに学校へ行っても、そのことで電話がかかってきた形跡はありません。

 だいじょうぶか~
 誰かは分からないけど、夏休みもあと3日自分の宿題がないってふつうは気付かないか~気付くのが、まさか!始業式ってか~さすがに、この時期まで名乗り出ないなんて、信じられないんですが…

 さすがに、「おバカ」としか言いようがないでしょう覚悟しろよ~。始業式から居残りで、夏休みの宿題は、絶対に全部していただきますから…

 先生は手ぐすね引いて待ってるから放課後、思いっきり可愛がってあ・げ・るからね~


 それから、これはホントに可愛い「おバカ」ちゃんの犬です。下の写真の犬は叔母のうちのダックスフンドですが…家で飼われている犬ってこんな寝方が多いそうなのですが…

     img015_edited.jpg        img013_edited.jpg 

 名前は「トッピー」ちゃんこの夏休みは採用試験や、父の病気のこと…叔母が落ち込む私を、この夏休みにフランス料理のランチに連れ出してくれたり…気分が滅入っていたら、叔母のうちに呼んでくれたので、行くとトッピーとなんか癒されるっていうか…

 しかし、この寝方は…なんと無防備な
私のひざの上でもこんな感じで、大の字になって寝ます

 安心してるからでしょうが…もう少し寝方を考えてほしいような…寝方は「おバカ」っぽいけど、かわいい~

 なんだか、私も犬がほしくなってしまいました。それも、思いっきりぶさいくで、愛嬌のある犬が…


ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-08-27(Wed)

私の夏休み!

私の夏休みは今日で終わります。なんか、色んな事があって、色んな事を考えた夏休みだったような…

 夏休み中は、学校へは日番以外はフルでいることも少なく、夏期特別休暇5日間は丸々休み!二学期の準備以外はあまり学校へは行きませんでした。私のように担任を持つと…学校のある時は、余程のことがないと休みが取れないので、丸々一日休みが取れるのは…こんな長期の休みの時くらいです。

 うちの教頭先生が言ってらしたのですが…「PTAの集まりで保護者が『先生っていいですよね!他の仕事と違って、長い夏休みがあるから…』って言われたけど、思わず言い返してしもたわ!考えてみ~!教師だって毎日、昼休みがあるはずなんやで~。そやのに、担任なんか…その昼休みに給食指導で、給食運んで、給食を一緒に食べて、又その後片付けまでせんといかんねんでって!保護者は分かってへんねん!給食指導は大事やから、実際問題せんといかんけど、それは労働基準法からゆうたら休んでいい時間を使ってんねん。それはしょうがないから、ほんまはその時間外労働の時間を合計したら、夏休み全部もろてもええくらいやわ!それを、ぼくらはちゃんと年休で取ってんのにな~」って


 まぁ~おっしゃることはごもっともしかし、学校の諸事情はさておき…私個人としては、休みに入る時は学期末で思いっきり疲れているので、最初の一週間くらいは、ルンルン!気分なのですが…そこで、どうも引きこもりの素質があるようで、それが又1週間くらいすると、どうもマイナーな因子が出てくるみたいです。

 しかし、休みが終わるといつも、急に元気になるのです。やっぱり、子どもたち相手にしていると…「しんどい、しんどい!」「限界~!もうダメ!」ってホントにつらいことが山盛りいっぱいです。なのに…どうしてか、しんどい!って言いながらも楽しいっていうか…


 明日からの仕事は3,4年の研究授業の打ち合わせやいつもの職員作業がメインです。

 早く始業式が来ないかな~
子どもたちに早く会いたいな~って思うだけで、急にワクワクする私です


 ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-08-25(Mon)

私が凹んだ…理由!

 私が勝手に落ち込んで、愚痴ってしまった前回の記事に、みなさんから暖かいコメント、励ましのコメント、喝をいれてくださるコメントetc…本当にありがとうございました。

 みなさんのコメントをいただき、その内容をズーと考えていました。前回の記事を書いた時は、なぜか異常に興奮していて、その上、私はどうも文章力と語彙力の欠如のせいで…みなさんに私の本意が正確に伝わっていないのでは…と今回は冷静にお伝えしたいと思いました。

 私は教員採用試験に落ちて、どこかでは一回で通るわけはない!と思いながらも、やはりショックした。しかし、落ちたのは仕方がないし…私は私の夢がある!と確信していました。

 だから、以前に書いた初心忘れるべからず!で書いた気持ちは変わっていません。今でも、その夢を追いかけるつもりです。

 私の夢、目標は、第一に学校では子どもたちと純粋にふれあっていくこと!そして、採用試験もこの先挑戦していくこと!最後にもうひとつ…臨床心理士になるべく大学院へいくこと!…夢は大きすぎるけど(言うのも恥ずかしいくらいに…)私は夢見ているんです。そして、その夢を目標に頑張っていきたいのです。

 以前の『初心忘れるべからず!』に書いたように、講師を始めた頃は採用試験を受ける年齢制限は分かっていて、〈講師でいい!〉って思っていたんだから、それでいいじゃあないか!…確かにそうです。その時の志を忘れてはいません。

 では、なぜ?急に採用試験に合格して「教諭」という正職にこだわってきだしたのか…?

 まずは「講師」という立場について…というより現状をお話したいと思います。子どもたちから見れば、正職であろうが、講師であろうが関係はないのですが…私が年齢緩和で「教員採用試験」を受けることが出来ると分かったとたんに、どうしても正職にこだわり始めたのには訳があります。…それは、講師でいることと、教諭(採用試験に合格した人だけが正規の教師…教諭と呼ばれます。)とでは全然待遇が違うのです。←まぁ~!当たり前のことですが…。

 その中でも私がこだわるのはお給料とかでなく…最大の違いは、『先生』としての研修が受けられないということです。採用試験を通った人は本物(?)の先生となるべく、教育を受ける権利があるわけですが、私たち「講師」には、親切なベテランの先生がたまたまいらしゃらなければ、何かを教えてもらうことはないのです。(うちの学校にそんな親切な先生が少ないのかもしれませんが…)

 自分の子どもに勉強を教えるのとはわけが違い、一度に色んな、色とりどりの子どもたちを教えるのには、やはりプロのスキルを身につけなければやっていけない部分が一杯あるわけです。それを私みたいにいきなり担任を持ってしまうと、ホントに真っ白な状態→何が分からない?かも分からない状態で、いきなり「先生」と呼ばれ、やっていかなければならないのです。他の先生の授業を見学したくても、担任を持ってしまうと他のクラスを覗く時間はなくて、せいぜい一年に1~2回「研究授業」というよそいきの授業しか見られない。授業の「指導案」の立て方、書き方も教えてもらえない。ましてや、自分のしている授業がちゃんと出来ているかどうかも見てもらえないんです。…それが私が急に採用試験にこだわった理由です。

 それに、講師は…早く言えば、アルバイトみたいな存在です。私の場合は、今の小学校で講師を始めたのは病欠の先生の代わりを約4ヶ月。たまたま、続きに同じ学校で、産休、育休を取る先生が偶然いらして、(普通は産休、育休以外の理由での代わりの講師だと、何ヶ月という単位の契約)そして、もう一年、そして又もう一年とめずらしい偶然で同じ小学校で講師を続けていますが、契約は来年の3月31日までで、その先に仕事があるかどうかは、その31日までわかりません。最悪、来年の3月31日で仕事がなくなる可能性もあるわけです。講師の待遇なんてそんなものです。

 考えてみれば、私も人の子の親です。たまたま講師の先生に、自分の子どもの担任になった時のことを考えると…反対に恐い気がします。「たまたま」に自分の子を預けるのですから…!

 採用試験に落ちたのが自分の力不足だったのは自分のせいです。それは自分自身が一番知っています。最終的にライフワークとして『臨床心理学』を学んでいくためにも、まずはプロの先生になりたい!やり始めてすぐに先生のおもしろさにハマってしまいました。

 自分が三人の子どもを育てた経験を生かしたい!…でも、「先生」は「お母さん」の気持ちが分からなければいけないけれど、「お母さん」のようであってはいけないと、私は考えています。「先生」はプロの教育者だから…!

 ちょっと話が長すぎて、横道逸れそうですが…

 先生として仕事を続けたい!だからこそ…今回は試験に落ちても、又来年まで努力して再挑戦して!と自分自身に誓いをたてていました。

 そこで、私が友だちの言ったことにショックを受けてしまいました。彼女たちはひとつのことをやり続け、結果を出してきた人ばかりです。「人は人!自分は自分!」と割り切れなかったのです。(←と今は反省していますが…。)

 元々、採用試験の年齢の制限で私は去年まで受ける資格はなかったのですが、もしも正社員で官公庁や企業に5年の経験があれば、社会人枠でうけられたのです。しかし、私は家の事情や…ホントは早くから大学院を受けたい(←勝手にその当時は夢物語ですが…)という気持ちで、具体的にテーマを見つけたいという思いで児童相談所でカウンセリングもしていましたが、それも非常勤!実際に正職で働いたのは一年だけ!その後も転勤や子育て、介護と忙しく、唯一長くした仕事は家で寺子屋のような塾(幼稚園生~中学生までの)を十年以上したことです。

 友だちの言うのには、(前回も書きましたが…)今回の採用試験の年齢緩和(59才まで)は、最近、新卒で採用試験に通っても、なかなか今の親や子どもの対応が大変でやめていく人が多いため、他府県で教師をして一旦やめたベテランの元教諭や、(前回に「専門性のある人」と言った具体的な人としては…)「学校心理士」の資格を持っているとか、これから小学校にも導入される「英語」の即戦力を持っているとか…東京で小学校の先生になられた、かつて「五体不満足」を書いた乙武さんのように「一芸(?)」秀でてるとか…別の職種で正職員をして、何かの形を残した人でないと難しいということでした。(だから、彼女たちの言った専門性というのは教師としての専門とか適正という意味とは少し違うのです。まだ、わたしに教師としての適性がない!と判断される方が納得はいきますが…。)

 要は、彼女たちの言ったことは…50才も過ぎてから、それまで経験もないことを職業にすることは難しいということです。

 実際に採用試験の願書には大学名と正職しか書く欄はありません。非常勤は不可…と書いてありました。唯一の塾も看板出してやっていたわけでなく家内工業どころか、一人でやっていたわけですから、履歴書に書けません。

 彼女たちの言っていることが正しいとすれば、私は何回採用試験を受けても(能力がないと見なされたなら仕方ありませんが…)受ける前から合格することはない!と言われた…ということです。そのことで、メチャクチャ落ち込んだのです。

 みなさんのコメントを読んで…ここ丸3日間、考え続けました。この記事も書いては消し、書いては消しの連続!ここで負けるわけにはいかない!彼女たちの情報も定かではないし、この年になると同級生がどんどん偉くなっていくことに焦っていただけではないか…

 そしてejnewsさんのコメントの「人生は引退までの競争じゃないでしょう?死ぬまでに自分を自分として生きたかどうかが大切じゃないのでしょうか?」という言葉でハッ!としました。
今の仕事(その仕事があるかどうかも分からないけど…)をどういう立場でやっていくことになるかわからないけど、自分が自分で考えて、自分で判断下して努力していくことが大切であって、人生自分の思い通りになったにせよ、ならなかったにせよ…どちらになっても、よかったかどうか!なんてことは、(子育てと同じで…!)自分が死ぬ瞬間にしか分からないことだとつくづく思いました。

 そして、私の結論は今の講師の仕事を最善を尽くしてやっていくこと!
             来年の採用試験に向けて勉強すること!
             院入試の勉強をすること!
             主婦として精一杯頑張ること!

 この欲張りにも程がある、欲張った目標に向かって頑張ろうと思います


 途中は自分でも分からなくなりそうなになる位、ダラダラと長く、支離滅裂ですみませんでした

 まずは、簡潔にわかりやすい文章を書く練習をすることから始めたいと思います


  追伸!  ペーパーバックで夜更かしの豪州サンディさんにアドバイスをいただき、テンプレート変えてみました。落ち込み(何度目でしょうか

          からの心機一転です。

           又、ブログ内でお名前は出しませんでしたが、コメントいただいた
       みなさんからおひとり、おひとり元気
をいただきました。

       お詫び行脚にポチッ!に廻らせていただきます!
       
       
         本当にありがとうございました



 ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-08-22(Fri)

フラフラ!ウロウロ!そして…ウジウジ!

 もう、我慢できなくなってきました。以前に愚痴は言わないと宣言しておきながら…もう無理で~す2602

 気分を変えようと、ブログで「あなた的カルテ」をして、しかも、それをpart1~3位は更新して、自分でテンション上げようと試みましたが…無理でした4442

 「初心忘れるべからず」の記事を書いた時は、本当に『初心』を忘れていた自分を』反省してました。やはり、講師であろうと教諭であろうと…自分が今与えられてる、やらなければいけないことをやらなくちゃ~って心から思いました。

 そこで、この夏休みにしなければならないこと…それはうちのクラスに少し、知的な面で障害が疑われる子がいて、私のクラスになる以前から、その時の担任や校長先生が特別支援教室(養護学級)を勧めてらしたのですが、どうしてもお母さんが普通学級で…という固い意志が強かったので、特別支援教室に在籍を拒否されていました。

 ところが、この1学期の個人懇談でお母さんが「うちの子が普通学級にいるのが、本人がしんどいなら…考えなければと思っているのですが、そんな検査はどのようにすればよいのですか?」と相談を受けました。

 私も彼は、特別支援教室に在籍する方が彼のためにはよい!と考えていたので、「検査する機関を探しておきます。」とお約束しました。

 薬の必要な障害のある子なら(ADHDなどで暴れるような場合)は病院で診断は下るのですが、知的障害だと児童相談所とか教育センターになるのですが、申し込み者が多いために時間がかかるのです。そこで、管理職にも聞きましたが…はっきりとした解答はいただけませんでした。

 そこで、私の同級生で障害児教育ではかなり有名なので、電話をして聞きました。彼女は今、大学で教えながら…大阪市の教育委員会の仕事もしているとのことで、色々教えてくれた後(彼女には小学校に勤めてることを、その時に初めて話したので…)言われました。

 「ねぇ~!私たちって、普通はそろそろ仕事やめて、ゆっくりしようって年じゃない?なんで、今頃になって、そんなしんどいことしてるの?大阪市の小学校や中学校を色々知ってるけど、ただでさえ大変な地域なのに…?」

 私は、思わずガーン!やっぱり、そうかも…2583私は採用試験受けたことも言えなくなりました。やはり、普通はそう思われるんだ~260

 その時はまだ、まぁ~いいや!彼女は大学卒業してからずーと仕事して、又途中で、仕事しながら大学院行った人…そろそろ引退したい気持ちも分かるわ!それぞれ人には事情があって、色んなひとがいたっていいじゃん!って私自身に言い聞かせていました。しかし、一般的にはそう考えるんだろうな!と確かに少しはショックでしたが…。

 それから、普段会えない友だち何人かと(別々に一人ずつ)会う機会がありました。その中でも2,3人の教育関係の仕事をしているに…彼女達は私が講師をしてることは知っている人達ですが、採用試験の年齢緩和で、今回試験にチャレンジして落ちたことを告げると…そろって言ったことがあります。それは…

 「大阪市が年齢緩和したのは、他府県で教師をしていて経験豊富な人を取るための緩和よ!普通は50才過ぎて、素人(?)が講師してるってケースはあまり聞かないもの!それでなければ、なにか専門性のあるものを持っているとか…。あなたみたい人を採用しても、1から教えなきゃなんないし、それでいて年齢はいってるから、年齢給で高いお給料払わなきゃなんない人は取らないでしょう!」

 またもや、ガーン281282222ということは、何度受けてもダメってこと…3

 もう、目の前真っ暗になりました。確かに(以前も書いたように…)私が、50過ぎて初めて講師しました!って言ったとたんに、試験官が履歴書を慌てて覗きこんだ光景は…やはり、私のような例がないってことなのかも…3

 メチャクチャ、落ち込んでます。楽しい事考えて、なんとか立ち上がろうとおもうのですが…2592

 『専門性』と言われても…2622今すぐに…というか、次の試験までにすぐに形で表せるものでもないし…私にとっての
『専門性』ってなんだ333

 なんか、頭も中がグチャグチャになっています447222

 ホントに、私は『あかんたれ』です45222222



 
ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-08-20(Wed)

私もやってみました!

 なぜか、すぐにノってしまう私2永田や COOさんNemoさんの方々のブログを見て、思わずやっちゃいました。

 そうです!あなた的カルテをやりました2結果は…

                     トントンおばさんあなた的カルテ maker.hanihoh.com
                                                          
 
 
 キェー!『23時以降に活発に活動』『現実逃避が激しすぎる』…あたってるではないですか…!しかし、異性に敏感に反応する年ではないし、(笑)って何なんですか3

 ところで、これは本名で入れていないので…あくまで、ブログ上の私!では、本名での私は…って?いうと…

         maker.hanihoh.com 

 『異性の前で思考停止』ってどういうことだ~3私ってドキドキもしないんだ~2
『行動範囲が狭い』って確かに、学校と家n』往復しかしてない~2

 しかし、両方が『危険度』…救いようがないみたい…ハ、ハ、ハ2なんか引きこもり傾向あるのかな~3ちょっと、考えなくちゃぁ~2842

 「トントンおばさん」の方が私らしいかも…3 何が!って~3

      それは、みなさんの御想像にお任せします222



 
ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

2008-08-19(Tue)

今日は健康診断の日でした!  

 今日は教職員の年に一度の健康診断の日でした。去年も一緒の日に合わせて一番仲のいい6年生担任のN先生(←うちのバカ長男とそんなに年の変わらない若き可愛いレディーです。)と今年も一緒に行きました。

 レディース・デーってのがあるので、二人の予定と日にちと
レディース・デーの合う日ってことで…今日になりました。健康診断の帰りにランチするのが楽しみで、ルンルンでした。

 去年は私が選んだお店で、中華のバイキングでした。健康診断って…前の日8時頃から健康診断終わるまで何も食べられないから、その後の食事の美味しさは最高です2
今年はN先生にお任せです。もう、何が食べられるかが楽しみで健康診断に行くって感じです2

 最初はレントゲンに始まって、尿検査、血圧、採血、身長、体重…

      ヒェ~、ここで、大変なことが起こりました222

 私、ここんとこ、教採のことや色んなことがあって、努力なく3~4kgは減ってたので油断してました。なぜ~!今日になって…333

      言えません2絶対に口に出せません2

 ショックを受けながら、次の心電図の場所へ!すると一言「先に腹囲を測りますので、おへそのあたりを…」   ギェ~2メタボの検査~3

 血液検査とレントゲンの結果はすぐには分かりませんが…尿検査も血圧も、それから心電図、内科検診、聴力、血圧など、すぐに結果の分かるものは結果OKでした。身長は年のせいか、1cm縮んで162cm。まぁ~
1cm位は良いとしよう!

 ただ、体重と
腹囲に関しては…
       頭の中から消し去りましたので、覚えておりません222

 その後、二人でランチをしたのですが…今回も中華で、御飯とスープは食べ放題でした。
     
      しかし、この私がおかわりはしませんでした222     



 
ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-08-18(Mon)

息子と週末デート…?

 この週末はゆっくりと、自分の好きなことして過ごすぞ~!って決めてたのに…。

 毎週日曜日は、もともと私がやっていた家庭教師を、今の仕事をするのを境に次男に譲りました。そこで、毎週日曜日になると次男が帰って来るのです。彼は大学がうちから通えない距離ではないのにどうしても一人暮らしがしたいと、大学の近くで優雅に一人を満喫しております。

 普段から日頃の仕事の忙しさの疲れを、土日にゆっくりと寝ることで解消しようと思っていても、日曜日に次男が帰って来るので、朝から(家庭教師は少し遠くから来られているので、お母さんが送り迎えに来られるので…)掃除はしなきゃあなんないし、一週間に一度しか帰ってこないんだから、日頃一人でどんな食事をしてるかわからないし、お昼御飯くらいはしっかりと食べさせて…なんて思ったら、朝から大忙し2
しかし、いつもお昼御飯を食べるとすぐに帰ってしまいます。…次男は、長男、三男を違って、「孤独を愛する男」です。

 ところが、週末は土曜日におじいちゃんのお見舞いに行きたい!ということで、土曜日の朝に帰って来て、私の実家と病院へ、そして日曜日は家庭教師があるので、めずらしくお泊まりでした。

 この土日はひとりでグレて、不良して、そして部屋の模様替えして…って思ってたのに…(>_<)!

 マァ~この際、息子巻き込んで…遊ぶとするか222

 土曜日の夜は、二人の息子と一緒に近くの居酒屋さんへ(うちのダンナも若い頃は連日飲みまくっていましたが、ある日突然アルコールはやめた!と宣言し、やめてしまいました。そこで、お酒を飲む場所には絶対に一緒には行きません。)この時とばかりに、思いっきり飲んで、食べて、そのままうちに帰ったら、バターン、キュー4452

 日曜日は息子さえいなえれば、絶対に例の「リフレクソロジー」に間違いなく行ってたはずが…彼らの買い物に付き合うこととなり、昼過ぎから梅田へ!始めは息子達のものを買うのが目的だったはずが…私も買っちゃいました3192

 最近、近視と老眼が進み、遠くはみえないし、近くも見えない。「alook」という眼鏡屋さんはすごーく安い上に、30%引きの券があったので、普段の眼鏡、老眼、遠近両用と息子のと買いました。乱視とか薄いレンズとか入れなければ、フレーム+レンズで5250円~というお店です。

             
SA3A0105.jpg

 次は息子達のほしかったサンダル。三男は私がいつも履いている「crocs」(←エスカレーターで事故のあった…)欲しかったのに、なんせ彼は足の大きさが28cm~28.5cmでサイズがなくあきらめました。

 SA3A0104.jpg      ←これが以前から私愛用のもの


 二人の息子に買ったサンダルを、ついでにわたくしめも買ってしまいました。
私が長年愛用の「BIRKENSTOCK」です。

        これが私の買ったもの             これがバカでかい足の三男のもの
       サイズは38              サイズは44
                                  ↓
     SA3A0101.jpg   SA3A0102.jpg

 これは以前から私が何年も愛用している
「BIRKENSTOCK」のサンダルです!

                   SA3A0100.jpg

 ついでに、
「BIRKENSTOCK」の隣りにあった「CAMPER」でバーゲンのレザーのスニーカーもGET2                                ↓

                                          SA3A0103.jpg

 帰りにお蕎麦のおいしい「家族亭」で、お蕎麦を食べ、「三人ともお腹いっぱい!」と言いながら…「cocorico」のケーキを買って帰りました。梅田の三番街にあるのですが…独身時代にここのケーキ屋さんで全てのケーキを食べて、この「ストロベリーパイ」が一番おいしいとの結論に達しました。

               SA3A0098.jpg

 結局、息子のためのショッピングか私のためか分からなくなりましたが…

  やはり、女性のストレス解消は「お買い物」でしょう222                    スーとした~222

 あと残るは…
「リフレクソロジー」2残り少ない夏休み中に絶対に行くつもりです2

 そして、その後は、「有言不実行」にならないように…頑張るぞ~271222


 
   ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-08-14(Thu)

初心忘れるべからず!

 皆さんからたくさんの励まし、慰めのコメントありがとうございました4662皆さんからのメッセージをしっかりと心に刻みながら…おかげさまで、自分なりに色々考えることが出来ました。

 試験当日で、すでに自分の失敗は分かっていたつもりでしたが…やはり「不合格」というのはショックではありました。

 しかし、皆さんからのメッセージを読んでいるうちに少しずつではありますが…気持ちも落ち着いてきて、フッっと思ったことがあります。

 最初に小学校で、50才も過ぎて…なぜ講師を始めようと思ったか3その時点の自分の気持ちが思い出されてきました。

 始めは講師登録しても話が来ずに、来たのは約8ヶ月後…!その時点では採用試験は年齢制限で受けられないことは承知の上で、純粋に子どもと接したいと…。又、仕事さえあるなら60才までズーと「講師」の身分でやっていくつもりだったし、それで満足してたのに…。

 勝手なもので、採用試験が受けられると知ると…知ってから3ヶ月しかないにも関わらず、ちょっと大胆だったかな~3…なんて222人間ってやっぱ、スケベ心バリバリだから、出来れば正職に…なんて夢みちゃって…(苦笑)!

 やっぱり、私はおばさんになっても「夢見る夢子」なんです。「トントンおばさん」から、
「夢見る夢子おばさん」に改名しようかな~3

 不合格になるような能力で恥ずかしいのですが…改めて最初考えていた本当のビッグな夢の話をしたくなりました。

 私の人生の最終の夢は…60才になったら、大学院に行って、「臨床心理学」を勉強したい2ってのが最終目標です。人生の最終目標です2

 きゃ~2言っちゃった~2  ギェ~恥ずかしい~4642

 そのために小学校で、色んな子どもたちや保護者、そして先生たちの気持ちを一杯知りたかったんです。もちろん、子どもが大好き2人間が大好きだから…2

 そして、60才までに大学院へ行くお金をダンナに出してもらうんでなく、自分で稼いだお金で行きたかったから…2←こんな考えで先生するって、スケベ心
バリバリかな~3 不謹慎かな~3

 小学校の先生がお金のためだけ…って聞こえそうだけど、それは絶対に違います。最初は実地経験のつもりだったけど、どんどんはまり込んじゃって…2

 ともかく、どんな形でも「小学校の先生」出来るだけで…満足って、初心を忘れるところだった222

     大事なことを忘れてしまいそうだった事に気付きました。

 今回、不合格になったおかげで、反対にすごーく燃えてきました。
教員採用試験で「教諭」になる夢も、大学院に行く夢も叶えるべく頑張るつもりです。気長に、年月をかけて…2

 最初の純粋な気持ちを忘れないで…2

         「初心、忘れるべからず!」22222

 
 PS. 1日か2日ほど…不合格のためにグレて不良兼業主婦するつもりでおりましたが…それよりも、気分転換のため、自分の部屋の模様替えをすることにしました2872

 
 
ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
2008-08-13(Wed)

撃沈!!!

 見事、採用試験は落ちました。試験当日の不安は的中しました222

 朝、10時にインターネットと市役所前での発表でした。昨日の晩に、例のバカ息子(もうこの言葉は使えなくなりそうですが…)が、PCを早めにつけて、そのホームページを開いておいて、10時と同時に更新ボタンを押せば…大勢が同時にアクセスしても繋がると言われ、なんと昨日までの冷静な私が9時半からPCに電源を入れ、座って待ってました。

  でも、
番号がな~い3次の番号はあるのに、何回見てもな~い2

 ないってわかってるのに、何度も見てしまって…(-_-;)2 茫然としていると…同じ学校から一緒に受けた、しかも当日も一緒に、うちのダンナの車で行ったN君から電話が…  同じく撃沈!…その後、電話で色々話しました。彼はうちの長男よりひとつ年上。今回で5回目の挑戦でした。昨日までバリバリ自信たっぷりだったので、落ち込み方もすごく…気が付いたら、私がなぐさめてたりなんかして…アレ~?

  しかし、彼との話で一致したことがありました。講師枠は小論文の指導案で合否がつくのではなく、面接で決まる!ってことです。だって、指導案に関してはふたりとも失敗した覚えはなく、重要ポイントは押さえてました。だから、それで落とされることはない!…う~ん!多分ないと思うのです←自信はないけど…(^_^;)!  今まで合格した人からは皆、面接はマニュアル通りに答えるのはよくない!ってアドバイス受けてました。そのアドバイスで、彼はグループ面接の他の4人とわざと違うことを言ったとのこと!←これが彼の敗因なのでは…
3って!

 そして、このわたくしめは…そのアドバイスを受けて、固定概念を持たず、自分が本当に思っていることを話そう…とバカ正直過ぎて、しかも(以前書いたように…)テンション低く過ぎて、返ってふてぶてしかったのが敗因かと…3
 ふたりでなんやかやと話し、結局、「しゃ~ないわ2」とふたりでため息464!残り少ない夏休み中に残念会と称して、飲み会を約束しました。

 結局、うちの学校から3人受けて、3人とも撃沈222

 今日発送で、不合格者には順位が知らされます。 私はその順位を見てから、来年のことを決めようと思っています。

 あ~疲れた2又、明日からのことは明日、決めようと思いま~す465222


   ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします466
     
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。