--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-23(Fri)

CAP講習会

 今日、授業を2時間使っての「CAP」という子どものワークショップが私の学年でありました。今日まで、子どもたちは「CAP」ってなんだ~?ってしょっちゅう聞いてきました。

「先生、『CAP』ってペットボトルのキャップ使って何するん?」

「先生、帽子かぶって何するん?」

 …と興味津々って感じでした。私は実際にその講習を受けるまでは、どのような意味があるかが深くは分かってませんでした。しかも、今日の5時間目は授業参観で気持ちはそちらへと飛んでおりました。

 「CAP」とは…Child Assault Preventionの略です。子どもに対する暴行、攻撃の防止という意味でしょうか…

 「NPO法人 女性と子どものエンパワメント関西」から6人の女性の方が来られ、3人ずつに分かれ、1組と2組同時進行されました。

 まず話されたことは、子どもたちには『三つの権利』があるということ!それは…
     「安心」  「自信」  「自由」…ということ!
そして、その「安心」「自信」「自由」ということがどういうことかを、子どもに分かりやすく説明してくださいました。

 そして次にいじめ・誘拐・性暴力を設定してのロールプレーをして、そのたびに「あなたならどうする?」と考えさせ、発表させます。その後、成功例のロールプレーを見せます。

 「三つの権利」が奪われそうになったら、出来ること!
    NO/「いやだ」「やめて」 GO/逃げる TELL/大人に話す
ということ!

 そして、具体的に出来ることは
特別な声を出す。←これは、「きゃ~!」と甲高く叫ぶ声は普段、遊んでいる時にも出す声なで、 そうではなく、お腹から低い声で「ウォー」「ウォー」と叫び続けることで、周りに普通でないことを気づいてもらい、又出し続けることで相手も驚いて逃げやすい…とのこと。

☆知らない人に話かけられても、安全な距離を取ること。←安全な距離とは、相手の腕の長さに自分の腕の長さを足した位の距離が逃げやすいそうです。

体を捕まれたら足の甲をふみつけるひじで突いて逃げる。口をふさがれたら…ふさがれた手の小指を払いのける。

 

 

theme : 小学校
genre : 学校・教育

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。