--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-01(Fri)

やっちゃいました…!

 今日は参観と家庭訪問の終了の「お疲れさま会」で、「なかよし」のメンバ~で飲んで来ました。今の学校になってから、色々ありすぎて…毎日が一杯、一杯の生活だったので、久々の楽しい会でした。

 私は今回、特別支援学級の担任になって『ブー子さん』が以前のコメントで「そこには、教育の原点がある!!といって過言ではない! 」と書いてくださった意味がなんとなく分かる気がしてきました。

 普通学級で勉強を教えるのは新米講師には大変でしたが、ある意味マニュアル通りにやれば良い!って点では今よりは楽だったのかもしれません。今、特別支援学級の子どもたち一人一人をクラスへ入り込んだり、抽出で教えたりするのは、マニュアル通りにはいきません。以前のように、その学年で教えなくてはならないことをその学年で終えれば良いというわけでもありません。一人一人の持っている力をどこまで伸ばせるか?伸ばすためにはどうすれば良いかを考えなくてはなりません。全員に合った、全員違う方法を考えていかなくてはいけないのです。そのためには勉強だけでなく、生活面にまで支援が必要になってくるのです。

 よく、「障害は個性」と言われますが…まさに実感する毎日です。障害も含めてのその子その子の個性をいかに伸ばせるか?そのためには、それぞれの個性を把握して上で教える!それは障害を持っている子に、全ての面で「はじめの一歩」を教えることなのではないかと思います。←なんか、自分で実感したことを上手く表せないのですが…

 それにしても、特別支援教室担当になった役得でしょうか?誰のチェックも受けず、今まで担任を独りよがりでしてきました。自分のやり方が良いのか?悪いのか?何も分からずにやってきましたが、今回、クラスに入り込みが出来ます。私は初めて、他の人の研究授業でのよそいきの授業ではない、普段の授業を見ることが出来ます。それが、ホントに私の勉強になります。Luckyです

 やはり、ベテランの先生はすごいですこれはこんな風に教えるんだ!とか、子どもにこう言われたら、こう切り返すんだ!とか。反対に若い先生の授業が新鮮だったり!

 ところが若手の先生の中には、「それはやったらあかんやろ~」っていうのが目に付くことがあるのです。私は一応、支援のために授業に入っているので、いらないことを言うのは控えています。それになんと言っても、まだ講師歴2年半ですし…

 以前の学校で、教頭先生や以前の記事の『モンスターティーチャー』の保健の先生、そして以前はよく登場した万歳先生に、いつもいつも小うるさく言われて、ホントにイヤだったので…あんな風にはなりたくないって思っていました。なのに、なのに…

 今日の給食の準備の時間のことです。たまたま、階段を下りようとすると…1年生の3クラスが給食を運んでいました。大抵の小学校では1年生の教室は1階にあって、重い給食を運ぶのに階段を使わないようになっているのです。しかし、うちの学校はなぜか2階です。だから、重い給食を持って、階段を上がらなくてはならないのです。

 最初に階段を上がってきたのが3組さん。3組の担任は初めて講師をする…という若い男の先生!汁物や煮物など熱いのが入っている「大おかず」というはこぼすとやけどするので、一番気をつけなければなりません。なのに、担任の先生がついていません。しかも、1番重い米飯の箱は横70~80cm、縦50cmほどの箱で、それを縦にふたりで持って上がって来ます。上の子が重いので、上に持ち上げれば持ち上げる程下で持っている子がよけいに重くなります。危ないとは思いましたが、直ぐにベテランの1組の先生が来られたので、「オッと!言わないで良かった!」って思いました。

 最後に2組さんが持って上がって来ました。2組の先生は今年2年目の若い女の先生です。いつも帰る方向が同じなので、よく一緒におしゃべりをしながら帰る先生です。しか~し、2組さんも米飯の箱を縦に運んでいました。上で持っている子が1組さんよりも、思いっきり持ち上げていたのです。周りに先生も見あたりません。思わず、私はおせっかいおばさんに変身してしまい…「縦でなくて、横に持ったら楽よ~」と言った瞬間に、階段の下から2組の担任の先生が現れたのです。

 アチャ~と思った時には手遅れでした。2組の先生の思いっきりイヤ~な顔が…一拍おいて、言った一言が…

 「縦に持つのと横に持つのとどっちが楽なん?」の言葉に、子どもたちは…

 「横の方が楽!」

 「じゃ~横に持ちなさい

 子どもに!っていうより、私にキレてたって感じでした。前の学校で、例の小うるさいおばさんたちのようにはなりたくない!って思いながら…その私が「小うるさいおばさん」になっていました

 メチャクチャあせりました。しかし、子どもの前で謝る訳にもいきません。放課後に謝ろうと機会をねらってましたが…今日も家庭訪問で、しかも各学年が打ち上げ会だったので、謝る機会を失ってしまいました

 今日のなかよしの「お疲れさま会」でその話をすると、嘱託のベテランO先生が若手のなかよし唯一の若手講師K先生に「K先生、よくトントン先生の話を聞いておきなさい!将来、正職になって担任持った時に役立つわよ~!」とおっしゃってくださいました。その言葉を聞いて、ア~!私は間違ってなかったんだ~とちょっと安心しました。そして、以前はあんなに保健の先生や万歳先生に言われたことがうっとうしかったのですが、今になって役に立つことだって思い、初めてありがたいことだったんだ!と実感しました

 しかし、私の言ったことは若手の先生にすれば…うっとうしい事だったと思います。むずかしいですよね~!やはり、クラスの子どもたちはそのクラスの先生のテリトリーにあるわけですから、それ以外の人が冒してはいけないわけです。だからと言って、子どもの安全を考えると…

 ウーン難しい…小うるさいおばさんだと思われてもいいや!と割り切るか?それとも見て見ぬふりをするか?

 出した結論は…小うるさいおばさんやるだけやって、後で謝ることにしますやはり、仕事は人間関係ですから…

 明日から5連休ですね皆さんはどうお過ごしになられますか?私は1泊だけ旅行に行く予定です。せめて、休みの間だけはK君母若手先生のこと…etc、全て忘れてゆっくり、のんびりしたいと思います

 それにしても、私も『小うるさいおばさん』の仲間入りです


皆様のポチッ!が私の「元気の素」となります
ブログランキング ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

theme : 雑記
genre : その他

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。