--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-29(Wed)

メタ認知!

 火曜日はプール当番ではなかったのでお休みするはずだったのですが、お昼から「職員研修」のために午後から出勤しました。特別支援教室主宰の「職員研修」で、大阪教育大学名誉教授の『竹田契一』先生(←先生のブログを御覧になりたい方はクリックしてください)の講演会のDVDを見ました。私はすでに前日に見ていましたが、何度見てもこの先生の話はおもしろいです。

 講演会の題は「発達障害の理解と支援」です。この先生の話はホント!とても分かりやすいです。なるほど~!とうなずきっぱなしの笑いっぱなしでした

 「発達障害」については後日にさせていただいて…その中で本筋からは逸れますが、学校の教師は『メタ認知』が必要だという話をされていました。ハァ~ン?『メタ認知』ってなんだってことです。ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、私は初めて知った言葉です。

 『メタ認知』とは、簡単に言うと…自分の分かっている事と分かっていない事を自分でちゃんと認識する!ということです。教師というのは分からないことがあっても、5年くらいのキャリアを持つと「分からないこと」を「分からない!」と言うことを恥だと感じる人が多いとのことです。

 竹田先生は「特別支援教育」というのは…障害児のためだけにあるものでなく、クラスの全ての子どもたち一人一人をどう支援していくかは担任レベルの問題だという考えの方です。だから、障害児の支援をするために教育委員会に直ぐにもっと人をよこしてくれ!というのでなく、担任レベルで支援すべきだと言うのです。

 5年前までは教員養成大学では、そんな支援の具体的なプログラムを教えていなかったそうです。当然、こんな歳の私は習っていません。だから今悪戦苦闘しているわけですが…「特別支援教育」をクラス単位でしなければならないのなら、現状として知識のない多く教師〓年齢が高いほど、「知らない」ことをちゃんと認識して…専門家に聞くとか、本を読むとかして勉強しなければいけないのです。

 要は、「知ったかぶり」をしてはいけないってことです。確かに、障害の種類や特徴は知っていても、だからどう支援すべきかプログラムを知らなければいけないのです。

 このお話以外にも、興味深い話が一杯ありました。追々、記事を更新していきます

 それにしても、ただでさえ若輩者の私には抱えきれないほどの勉強が待っているようです命のある間に終わるのでしょうか…

 「女磨き」もしなきゃ~ならないし…
(←これはムリやろ~)


トントン、頑張れって思ってくださる方、ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

theme : 障害児教育
genre : 学校・教育

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。