--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-21(Fri)

実は…(-_-;)?!

 私の夏休みも今週一杯で終わりです。実家の母や兄夫婦とうちの家族でお盆恒例のホテルのバイキングに行ったり、前の学校の仲良しの若者たちと健康診断に行ったり、日頃会えない友だちとランチに行ったり…しかし、大半は家の片付けに大忙しでした。

 特に自分の部屋のクローゼットの中の服や本、ともかく日頃いい加減だったので…この際全部放り出して、絶対に要る物と要らない物を分けて、思いっきり処分しました。いえ!処分中です。本は担任をしていた時と支援学級でいるものを入れかえました。

 服はこれだけ買っていたのかと自分でも驚くほどの量でした。どうも物が捨てきれないくせに次から次へと買ってしまって…ゴミ袋で相当処分しました。その量を見て、もう服は買わないぞ~!とマジに思いました。←いつまで続くか?は…疑問ですが 

 ところで、突然話はかわりますが、実は…実は…カミングアウトです

 わたくし、恥ずかしながら…今年も「教員採用試験」に落ちてしまいました。今までの私なら、ここで「涙マーク」を入れるところです。しかし、なんか強がりでなく「まぁ~いいか!」って感じです。自分でも不思議なくらいに

 今回は今の学校の校長先生や教頭先生、教務主任の先生が面接や指導案の添削などをしてくださいました。一生懸命になってくださっただけに申し訳なかったのですが…落ちたもんは仕方ありません。しかし、「不合格」になると点数や順位が次の日に送られてくるのですが、去年より断然点数も良く、順位も上がっていました。もうそれだけで充分です。

 今の学校で一緒に受けた若き男性陣は1人は不明ですが、残り2人は1次合格でした。「発表があったら、合格でも不合格でもメールしようね!」って約束していたので、「撃沈しました」とメールしたら…同じ支援学級の若者がメールで「ボクは合格でした。……(省略)……ふつうは不合格だと知らせて来ない人が多いのに、約束通りメールくださるトントン先生のお人柄が大好きです!」と返って来ました。←どんな褒め方やねん!と思いながら、反対に「不合格」と堂々と知らせるのもヘンなのかな~!なんて…。

 今回は面接はバッチリだと思ったんです。面接官はやさしそうなニコニコした面接官と強面の誰が何を言ってもニコリともしない面接官の2人でした。最初に「自己PRをしてください!」と言われました。6人で面接だったのですが、みんなバリバリマニュアルが頭に入り込んでたようで…私は5番目に座っていたのですが、1番始めの人が「自己PR」を最初だから「志望動機」を聞かれたのだと思い込んで…みんな講師枠で受けている人ばかりなので、「それまで〇〇をやっていて、それで教師になりたくて…」と答えたのです。すると私の前の4人が全員同じように長々と自分の歴史と動機を話してしまいました。それで私の番になった時に「私は長い間人間をしているので、話すと長いので…」と言ったとたんにそれまでニコリともしなかった面接官がブゥー!と吹き出し、その笑った顔を見て、やった~って、それだけで満足でした。私は志望動機でなく、ちゃんと『自己PR』しましたよ私って、やはり根っからの『大阪のおばちゃん』…(笑)

 しかし、今回指導案のテストが6年の算数の「分数÷分数」の単元で、その計算の指導案なんて難しくて90分のテストの半分くらい、頭を抱え込えみました。もうどうしようか?悩み、心の中で「分数÷分数なんて、分数に逆数掛けんかい」と逆ギレ状態。なんとか書きましたが、あれは失敗でした6年の下が出るなんて思わなかったし、よほどの事がない限りは講師で6年の担任をするなんてことないし(←って文句言っても仕方ない。出来る人は出来てるんだ…)

 大体試験に行く途中、もうそこが試験会場だという横断歩道で靴底が半分取れて…くつをペランペランさせながら歩き、コンビニに飛び込んで接着剤を買ってくっつけた時に「アー!これは終わった!」ってなんか笑えて来て…←私、こんなことで笑うなんて、やっぱりヘンかも…

 しかし、今回の試験でやっと問題の出方の要領がなんとなく分かり、面接も少し慣れたし(去年はなんか答え方が上から目線だったような)…こうなったら、意地で年齢制限ギリギリまで受けてやろうって思ってます。しか~し、どこかで『一生講師』でいいかな?とも思っています。

 もうひとつ報告です。去年から大阪市の教育委員会が「教師養成講座」というのをしていて、その試験も受けました。小論文と面接でした。以前の記事で『ティーチ・フォー・アメリカ』ほど良いもんではありませんが←教育委員会さんごめんなさい(苦笑)受講許可をいただき、9月26日に始まります。来年の6月まで月に2回土曜日にあります。今年は2回生で、去年は知らなかったのですが…今年、校長先生に是非受けてみたらと勧めていただき行くことになりました。まぁ~一応のテストはあったものの、採用試験とは違って…よほどヘンな人でない限りは落ちないそうですが…(笑)。今回、採用試験を受けた若者達と一緒に受講します。ただ、これを受けたからからといって、採用試験には関係ないそうですが…。

 どうも最近は採用試験に通ったからといっても、つぶれる人が多いようで…それで先に実践を教えて、採用試験を通って直ぐに「即戦力」として使える人材を育成しようというのがねらいのようです。私が困った「指導案作成」も教えてもらえるようです。今回採用試験の講座も受けましたが、一般の採用試験が対象の内容ばかりで、その講座も2次試験には良いのですが…私のような『講師枠』の指導案作成の指導をしてくれるところはどこもありません。採用試験の前に教頭先生と教務主任の先生が添削はしてくださいましたが、範囲が広すぎるし、みなさんお忙しいのにそう度々お願いもしにくいので良い機会だと思っています。ともかく頑張ります

 そうそう、教務主任の先生が「指導案ってね、あなたがどうしたら子どもたちに分かりやすいか?分かりやすく教えてあげたい!って気持ちが大切なのよ」と言われた言葉は印象的でジーンと来ました。そんなことに気づかせてもらっただけでも、今回の採用試験は私には良い勉強でした

 もう私はこの際『教諭』でも『講師』でも肩書きはどうでもいいです。最初は引き気味だった支援学級「なかよし」も少しおもしろくなってきました。特別支援ももうちょっと突っ込んでやってみたいし…。

 なんか今の心境は…
 好きなもんは好きなんやし、やりたいもんはやりたい

 それでいいやん


トントン、頑張れって思ってくださる方、ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
   

theme : 一人言
genre : 学校・教育

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。