--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-16(Sat)

今どきの若者!~先生が泣いた~

 こんなタイトルで記事を書くなんて…私も歳を取った証拠ですねこの仕事始めてから、いろんな若者に出会ってきました。私の歳ですから、ほとんどが私より若者なのは当たり前のことです。一応、年下でもこの仕事では先輩の若者がほとんどなので、口に出して言うまい!言うまい!と自分に言い聞かせてきましたが、どうも最近頓に「今どきの若者」〓「ユニークな若者」に出会い過ぎて、口に出さずにいられなくなりました。

 なんと言ったらいいのでしょうか?最近の若者は良いように言えば、人に左右されず、自分の考えを持っている!って感じでしょうか

  しか~し、自分の考えばかりで、空気が読めないのです

 同僚の講師のSさんはバリバリ民間で20年も働いてきた先生ですが、いつも若者にキレまくりのその先生から私は若者に甘い!キャパが広いね~って言われています。

 その私がです昨日ちょっとばかし、キレちゃいました

 その人は、私が今メインで担当しているT君の4年2組通常学級の担任W先生です。この先生については過去の記事『子どもに教えなくてはいけないこと!』にも書きました。

 あの『つねり事件』以降はそれなりにW先生も頑張っているな~!って思っていました。細かいことは目をつぶり、おせっかいおばちゃんにはなりたくないので、出来るだけ控えめにフォローしていたつもりでした。

 私の担当のT君は1,2学期は丸々付きっきりの支援をしてきました。しかし、お母さんが(もちろんT君も)がんばってくださって、『以前の記事』で書いた「登下校時の自立」の話以来、その通りに実行して…いつも相当な遅刻常習犯だったのに、とうとうお母さんの付き添いなしで集団登校するようになりました。ただ、集団登校の時に一緒に弟君が側について頑張ってくれてますが…

 連絡帳も2学期の中頃から連絡帳を、それ以前は「なぞり」(赤鉛筆で支援者の書いた字を上からなぞる)で字を書いていた子が…最初は私が1字ずつ口頭で言うと、T君が1字書くことから始め、今では一人で黒板を見て書き写しをすることが出来るようになりました。急激な進歩にこちらが驚くほどです。給食も1学期の最初は目を離せば手づかみで食べていたのに、今ではお箸で完食するようになりました。そこで、試しに3学期は横にベターと付かず、見守りで行くことになりました。その上、諸事情があり…一人通常学級で過ごす時間もあります。ただ、1日通常学級にいるとT君もストレスが溜まるのを配慮して、私が学級から抽出する時間を2時間設けましたが、そして私ばかりでなく、色んな先生にも見守りで入ってもらって、誰にでも慣れるようにと…。

 その方向で、W先生にも散々お願いしました。細かいことも打ち合わせて3学期をスタートさせたはずなのですが…私はもうひとりのR君とダブルで見ているので、たまに入り込みで授業の途中で入っていくと、T君の存在はほったらかし状態でなにもやっていないのです。たまたま入った図工では他の子たちはひたすら図工に取り組んでいるのに、T君はなにもしていなくて、フラフラと歩き回っています。「T君のは?」と聞くと「どうしましょう?」って返ってきました。

 なにが、どうしましょうか?じゃ~
私のかわいい子を~

 …と内心は思いながら、顔はにこやかに「では、なかよしの教室でさせますね!」と抽出授業に変更

 朝一の授業では長々とW先生が「先生、昨日の夢で妹が殺される夢見て、慌てて朝、妹にメールして…」etc…と訳の分からないことを話します。T君は訳分からないから手持ち無沙汰です。この子は抜毛傾向が2学期から出ていて、こんな訳分からない時間長時間続くと間が持たずに抜毛を始めるのですが…W先生は気づきません。

 そして、昨日のことです。帰りの用意のために教室に入って行くと…W先生の横でN君と女の子が話し合っていました。女の子は泣いています。周りの子にそれとなく聞くと…私があまり入らなくなっている間に女の子たちがN君を嫌って一悶着あったようで、それがたまたま今日はその女の子ともめたとのことでした。

 N君は以前、T君の「つねり事件」の主犯格の子で…すぐにキレて暴れる子です。そんなこと、以前から分かっていたことで、女の子に嫌われるのは当然です。それをこの1年ではW先生は治められなかったのです。←と私は思ってます。

 まだいっても4年生。しかもそんなタイプの子に子ども同士で話し合いさせて決着がつくわけありません。私はサッサとT君に帰りの用意をさせて、なかなか終わりそうにない事態なので、T君の側にいました。みんなももう帰りの用意は出来ています。クラスの子も暇を持て余して、ザワザワ状態

 そんな時です

 突然、W先生が前に立って、「先生は悲しい」と泣き出しました。それも手の甲で目をこすりながら…まるで子どもです。W先生はうちの長男と同い年ですが…我が子でもこんな泣き方、いえ!泣くこと自体に想像はつきませんでした

 そしてそれから、延々と語り始めました。

 「君たちは前のふたりがまだ帰りの用意をしていないのに、気を利かせてやってあげよう!という気持ちがないのが悲しい~。そして、こんなに男の子と女の子が仲が悪かったことに気が付かなかった自分に腹が立つだいたい今はどういう時間だ!帰りの用意の時間なのに、いつまでもしゃべって空気を読めよ」と…。

 訳分かりません…まず、生徒の前で泣くなんて、しかも泣くようなことか~あんたが空気読めよ

 自分の反省はひとりでしてください

 もうどうでもいいや!って思い、

 T君に「T君、いつもみたいに泣くなよ!って言ったら?」と言うと…

 「無理だよ~」って返ってきました。

 T君の方がよほど空気を読んでるようです

 今、夜中にひとり、缶チュウ杯を1本グイ!と飲みながら、「個別の指導計画」を書き換えようかと思っています。


すみません新春早々のトントンおばさんの『初ギレ』でした


トントン、頑張れって思ってくださる方、ポチッ!ポチッ!ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
 

theme : 一人言
genre : 学校・教育

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。