--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-16(Mon)

保護者の苦情対応マニュアル その① 「モンスターペアレント」

 最近よく話題になる、保護者からの無理な苦情・要求が問題になっています。実際に学校の現場にいると、ここまで言うか?”という場面にたびたび、いえ!しょっちゅでくわします。

 私は一昨年の11月の末から今の学校に初めて講師として働き始めました。その時の事は以前にも書きましたが…。それまで担任をされてた先生が病気になられたのも納得出来るほど、ひどい状態でした。あちこちでけんかが起こり、それに親がいっちょかんでくる。すると今度は親同士の対立となり、最後には決着がつかなくなり、最後には先生が悪い…という結果に親がもってくる。それで、私の前の先生は新任で若いということもあって、疲れてしまわれたみたいです。すると、今度は途中で別の先生に変わるとは何事だ!という最中に事情も知らず、私が教育委員会や校長…通称「ピコ」(私の中のいいグループではそう呼んでいます。)にだまされた(?)わけです。

 最初はそんな深い訳も知らず、なんとか保護者と良い関係を築きたいと必死でした。たまたま、私が年取ってたのが幸いしてか…ビジュアル的におばちゃんでベテランに見えたのが幸いだったのか、12月の年度末には普通に話せるようになりましたが…それまでは大変でした。その年は最後には保護者からの苦情や要求も出なくなりました。…自分の子どもの「相談」というのはありましたが、前向きな相談でした。

 次の年は、1学期は色々ありました。ここでは具体的な話は省略しますが…(又、機会があればお話します)…そりゃ、こんなこと担任に持ってくるか~?って話もありました。しかし、2学期、3学期と進むにつれ、お互いに関係が築かれだんだん楽になっていきました。…が~!です。それまでの保護者の文句(あえて、私はこう呼ばしていただきます。)は尋常なものではありませんでした。ただでさえ、忙しいこの仕事に、この上ここまで要求するか~?って内容のものが多く、ホント!教育委員会もどうにかして!って感じでした。

 そして、やっと出てきました!

 大阪市教育委員会から、「要望・苦情等対応の手引き―保護者とのいい関係を築くために―」という保護者対応マニュアルが、教職員に出ました。

 実際にこのマニュアルを手にするまでに、ニュースで取り上げていたのを見ました。このマニュアル本の中の第2章に書いてらっしゃる、大阪大学大学院の小野田 正利教授の話です。

 今世の中で「モンスターペアレント」と言われているが、「モンスター」とは呼ばないこと!それは、親は「化け物」ではないから…。そう呼ぶことはその親の人間性を否定することになるからだそうです。人間性そのものを否定すれば関係構築が不可能になるからだそうです。まずは「向かい合うべき課題」と「聞き流すだけでいい話」そして「適切な距離を保つ必要のある問題」…それを見定めるために、まずは話を聞き、「怒りの源」がどこにあるかを見て取る姿勢が必要だということだそうです。無理難題要求とは、大阪弁でいう「イチャモン」と呼ぶことで…その人を否定するのでなく、その人が
イチャモンをつける背景を見据えながら、共通の議論の土俵にあげることを目的にしている…と書いてありました。
 
 要は、
イチャモンをつけて来るには、そこには家庭環境やその人の子どもに対する思いがあるわけで、それを理解した上で、そしてそのバックに抱えてくる背景もひっくるめて、同じ位置で聞くことが大切だということだと思います。

 実際に保護者だけでなく、子どもも自分のバックボーンを抱えて学校にやって来ることは、現場にいる者としてはホントによく分かります。私が以前、めちゃくちゃ怒っていた校長…「ピコ」が一度だけ(?)良いことを言ったことがあります。
「子どもはランドセルの中に勉強道具だけを抱えてくるのでなく、家庭の色んな、重たい問題も抱えてくるんです!」と言ったことがあります。…うーん!ピコもめずらしく良いこと言うな…?って思いましたが…。

 小野田教授の言われていることはもっともだと。私も納得します!ただ、今の小学校教師は忙しすぎて…?????


 う~ん?そんな余裕はあるのかな…?

でもでも、そう努力していかなくてはいけない事も身にしみて感じてます(-_-;)!

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。