--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-25(Wed)

教室の中の「社会主義」と「民主主義」

 私の勤める小学校は一学年二クラスです。一学年二クラスというのは、どうしても比べられてしまいます。一学年四クラスくらいだと、色んなクラスがあるんだ…で終わるのですが…。

 私は4年生の担任をしていますが、見事に隣りのクラスの先生とは真反対のクラスが出来上がりつつあります。もうひとつの担任の先生は人呼んで「万歳(マンセー)」!…以前にも御紹介した、北朝鮮で国民が『金 日正』に「万歳!」と叫んでる…そんな光景を想わせるクラスです。隣りのクラスの生徒は絶対服従!授業中でも、うちのクラスみたいにワイワイガヤガヤ状態になることは絶対にありません。

 典型なのは、給食の時に給食当番は担任の先生と給食室に取りに行きますが、その間、待っている子ども達はいっさいしゃべらずに座って本などを読んで待っています。もし、しゃべろうものなら…クラスでチェックする子がいて、すぐに先生に報告し、しゃべっていた子は即廊下で立たされます。食べる時は全員が先生の方を向いて、黙々と食べます。勉強もその日のノルマがあって、出来なければ居残り!居残りの子は放課後に又一言もしゃべらずに黙々と勉強しています。

 我がクラスはホントに真反対!授業中は主要科目はさすがに静かですが、図工や書写などは、ワイワイ騒ぎながらの授業で…いつも「万歳」先生に睨まれています。

 掃除の時間は万歳先生のクラスは徹底しています。各それぞれの場所へ、並んで行き、そのたびに万歳先生に一つ一つ指導(命令?)され、これ又一言もしゃべらずに一心に掃除をしています。ところが、我がクラスの子達は…私が見回りに行ってる時はまじめに掃除していますが、いなくなったとたんにサボる子が出てきます。見つけるたびに叱りますが、敵も然る者で…うまーくサボるのです。色んな手を考えて…!私としては、その回転のよい頭を別のところに使ったら!って感じです。

 万歳先生と私は同い年!しかし、相手は30年近くのベテラン!私といえば、ペイペイの経験1年半の講師!当然のことながら、差がついて当たり前の事!真似しようとしても、性格の違いと考え方の違いもあって、はっきり言って無理だと思っています。

 お互いすでにいい年です。だから、直接どうのこうのはありません。ただ、叱る基準が違うのです。なんかもうちょっと子どもにも言い訳させてやってもいいんじゃないかって、私は思います。私が甘いことは自分でもよく分かっています。けんかにしても、両方から威圧感なしに話をよく聞いた上で両方が心から納得するまで待って、自分でなにが悪かったかを自分自身で考えさせたい…と思っています。…う~ん!隣りが万歳先生なら、やっぱり私は甘ちゃん先生かも…?

 ただ、今日は万歳先生、いただけませんでした。掃除をさぼったうちのクラスの子どもT君を思いっきり叱ってられました。うちのクラスの子どもなんだから、横に私も着いていました。すると、掃除中だったこともあるのですが、私の前から「掃除でここで怒ってても邪魔になるから…」という理由で、離れた廊下に一人連れて去り、マジ怒りしてられました。私は心配でついて行きたかったのですが、なんせ掃除中!他の子達も見なければならないので、万歳先生にお任せしました。

 掃除が終わって、教室で待っていると怒られた子が帰ってきました。なんと、なんと!ほっぺが腫れているではありませんか!本人を呼んで聞くと、後頭部とほっぺたを叩かれた…とのこと!話を聞いていると、他の子が「先生、(万歳)先生は去年もT君しょっちゅうほっぺた、平手打ちしててんよ!」と聞き、思わずゾ~としました。確かにT君が悪いんですが…。

 T君に先生に「なんで怒られたか、分かる?」と聞くと、もうどうでもいいや!って感じで、「わからん!」と一言。むか~と来る心を抑え、私は「あのね、T君は先生のクラスの子だから、先生にとってはカワイイ、大事な子なのね。その子が他の先生に怒られてたら、心配で心配で仕方ないのよ!お願いだから、先生に心配で心臓ドキドキさせるような事はやめてね!」と言うと、涙をこぼしてた顔がやっとにこ!っとしました。

 万歳先生の学級指導は完璧です。特に勉強の指導には…。ただ、人の見えないところで平手打ちはどうでしょうか?若輩もの(教師として)の私がこういうのもなんですが、叩くことで相手がよけいに意地になることもあるのではないでしょうか?子どもも怒られた瞬間に自分が悪いということは本人が一番わかっているんです。ちょっと行き過ぎなのでは…?

 前回、「愛のげんこつ」も必要だと言いましたが、限度ものだし、今回の事には「愛」かんじられなかったんです。

 今回の事件で、学級運営にも「社会主義」と「民主主義」が存在することを実感した一件でした。

 「社会主義」はいつかは崩壊するのでは…?と思うのは私だけでしょうか?
ただ、私がクラスを取りまとめる力がないのも確かで、甘すぎるとの指摘も受けています。もっと勉強しなきゃ~(-_-;)!

 でも…私はあくまでも「民主主義体制」でやっていきたいという方針を変える気はありません319

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。