--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-10(Sat)

モンスターペアレント&モンスターティーチャー

 やっと、家庭訪問が終わった!3日間、平均一日10軒、校区の端から端まで自転車で走り回りました。なか日の昨日は家に帰って来て、壊れてしまった(?)マッサージ機にちょっとだけ…って横になったら、気付かぬまま朝まで寝てしまってました。この仕事をやりだしてからしょっちゅなので、ダンナも息子も見て見ぬふり!
 家庭訪問したのは、前回最後に少し触れた初めての担任をした2年生が4年生となって、再び私の元に帰って来た学年です。思い出の子達です。2年生の時に担任をした子達は半分弱!それ以外の子達のお家の方達ははじめまして…でした。あ~あの子達も少しは成長したみたいです。
 なんせ、私の担任デビューは学級崩壊して、担任の先生が病気になられたクラスでした。やっぱり…って感じでした。11月末なんて中途半端な時期に来る話しは、みんなの予想通りでした。まあ~学級崩壊とはいっても、なんせ2年生!今思えば、かわいいものなのですが…(苦笑)!ともかく授業中は平気で歩き回る、しゃべりまくる!次々とターゲットを代えてはいじめる。生まれて初めての先生としてはびっくりです。受け持って初めて、前の先生が気の毒になりました。その先生も初任者。その年の初任者が二人いたので、二人以上いる場合は嘱託の元ベテラン先生が初任者教育係りとして配属されることになっていたので、そのベテラン先生が講師の私につく義務はないのですが、好意でついてくださったのでホント救われました。でも私には毎日゛え~゜゛は~゜の連続でした。それも大変なのは子供達でけではないんです。そのバックにいる親達がすご~~~く強烈でした。その上、その上…と何度も叫びたくなるくらいの先生が職員室に存在(?)してました。人呼んで゛お世話様゜…養護教諭の先生!又も強烈!!!そりゃあ、大学出たての若い先生ならちょっと立ち止まりたくなる気持ち、ホント~~~に分かります。なぜ゛お世話様゜と呼ばれるかというと、いらぬお世話をするのといつも何か、報告したり、話しをした後に必ず、「……そうなの!お世話様!」ってのが口ぐせだからです。モンスターペアレント!、モンスターティーチャー!出現って感じでした。初めての先生業で私の声は壊れたのかと思うくらいガラガラ!毎日怒鳴り散らし…でもいっこうに治まらない。一度に2~3カ所でけんかが起きて…私は手で止め、足で止め、それでも足りない。同級生に気に入らないことを言われたと言っては学校を飛び出そうとする子を追いかけては引きもどし…もう気がぬけなくって、ろうか、階段を歩くときもいつもなんだか小走りしてた感じです。50のおばさんにはキツイ~キツ過ぎです。けんかが多いから、怪我も多い。私も頭の先から足の先までびんびんに気を張って見てるので、そんな大きな怪我でもないのですが…毎度、毎度お世話様が登場です。「けんかの経過と怪我の状態をお家に電話しておいてね!」「このくらい大したことにはならないとは思うけど、お家の方に来ていただいて医者にかかるかどうかはお家の方に判断してもらいましょう?だから、すぐに電話しておいて!」大体けんかする子は「ご・ん・た」ばかり…そのごんたの親が特に強烈な親ばかり…電話ででも、学校に来ても、私と初めて会うのにもかかわらず、みんなけんかごしです。でもけんかの理由や程度、その後の指導など時間をかけて話してるうちに、最初のけんかごしのこわい態度や声も最後には和らいでいきました。…それにしても、そんなたいしたけがでもないのに、お世話様がなんであんなに私に親と関わらそうとしたにかはわかりません。いつも横にいて、聞き耳たてて、最後には「初めてにしては、上手に対応できたわね。お世話様!」って言われてました。しかし、保健関係の仕事では怒られてばかりでした。小学校の先生って中学以上の先生とは違い、子供に勉強を教えるだけでなく、膨大な事務仕事が課せられてます。特にうちのように小規模の学校では、教員の数が少ないのに、ひとつの小学校に与えられる事務仕事量は同じなので、ひとりの先生の分担が同じなのです。1年の途中で入った私は意味もわかってないのに、しかも教えてくれる人もないのに、正職の先生と同じだけの仕事が与えられます。歳のせいか、一度聞いてもわからないこともあります。それが保健関係でドジるととんでもないことになります。与えられた書類の意味が分からず、質問すると、「私は一度あなたに説明したはずよ!私も忙しいのよ!二度も説明するため、私はあなたのために時間取らなきゃいけないわけ!」と捨てぜりふを残して、ぷい!っと立ち去られました。ぼう然と立ちつくす私!その後、終業式の日で給食がなかったので、お世話様はお昼御飯をお食べに行かれました。その後、職員室でいろんな先生と親しくなり、聞いたところによると…初めて来た先生はその洗礼を受けないといけないそうです。今では親しくおしゃべりするようになりましたが、いまだに恐怖です。他の先生からもくれぐれもお世話様の地雷は踏まないように!とアドバイスをもらいました。でも、このごろ思うのですが、お世話様は間違ったことはいいません。仕事に真剣に取り組んでられる、その姿勢は尊敬すらします。嫌みでなく…ただ、新しく来た人に必ずきつくあたるのはいただけませんが…。
 そんな、こんなでいろんな事がありましたが、モンスターペアレント達も私の見た目からおばさんという事も手伝って(私がおばさんってだけで、ベテランだと勘違いして…)だんだん信用してくれるようになりました。子供達も3学期の最後の参観では、「かさこじぞう」の音楽・音読劇(私オリジナル?)をみんなで楽しくやって、やっとまとまってきたな!って感じになりました。大変な4ヶ月ではありましたが、あんなに悩まされたにも関わらず、ホント!子供達がかわいくてたまりませんでした。それに、その4ヶ月間泣いたり笑ったり!なんせ何かもが初めてのことばかりで…悩んで落ちこむことが多かったせいか、自然にダイエットできた(?)のはもうけものでした。
 さて、それから1年がたちました。まだ、4年生1ヶ月強!あの子達も去年は色々あって…さて、どんなクラスになっていくでしょうか…?

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

tonko

Author:tonko
 50才から小学校の講師をしています。
写真大好き!お料理大好き!フルートや歌を趣味とする大阪のおばちゃんのおばちゃんです。

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
Google Adsense

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
My Favorite Books
〈Amazon〉
本の検索にどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。